肌を育てるビタミンC誘導体を配合した化粧水おすすめランキング

ビタミンC誘導体,化粧水,おすすめ,ランキング,効果,選び方

美白、アンチエイジング、保湿などさまざまな美肌効果があることで知られているのが、ビタミンCです。
ビタミンCはアンチエイジングとしても役立つことで知られています。

 

そのため、

  • ニキビができやすいオイリー肌タイプ
  • 肌の透明感を取り戻したい
  • 若々しい肌を保つ

といった目的の化粧水や基礎化粧品に配合されていることが多いですね。

 

こちらではそんなビタミンC誘導体の特徴や美肌作りに役立つ効果と化粧品に配合される種類の解説と合わせて、ビタミンC誘導体を配合した化粧水をランキングでご紹介しています。

 

 

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体,化粧水,おすすめ,ランキング,効果,選び方

ビタミンC誘導体は多くの美肌作用を持つビタミンCの成分自体の安定性を高めて浸透性や働きを安定化させた成分で化粧品に配合されるビタミンCの多くは、ビタミンC誘導体として配合されることが多いです。

ビタミンC誘導体で配合されることによって、浸透性が高まり、肌に浸透してからビタミンCへと変化する特徴があり、その働きをスムーズにしながら安定化させてくれます。

 

ただし、選ぶ種類によっては肌への刺激を感じるケースや肌に悪影響を与えるケースもあり、肌が敏感な方にとっては選ぶのが難しいケースも少なくありません。

 

ビタミンC誘導体の種類〜水溶性・油溶性

化粧水や基礎化粧品に配合されるビタミンC誘導体にはいくつかの種類があり、ビタミンC誘導体として記載されずに様々な名称で記載されています。
また、水に溶けやすい性質の水溶性と油分との馴染みが良い油溶性、さらに両方の性質を持つタイプなど種類は豊富です。

 

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性のビタミンC誘導体は文字通り水との馴染みが良く、浸透性の高さが特徴で、即効性が高いことで知られています。
また、性質上、化粧水など水分が多い基礎化粧品に配合されることが多いです。

 

一般的に多いのが

  • リン酸アスコルビルNaなどのリン酸から始まるタイプ
  • アスコルビン酸グルコシドなどのアスコルビン酸から始まるタイプ

などがあります。

 

油溶性ビタミンC誘導体

ビタミンCを人間の角質層にある皮脂成分と合わせることによって肌に馴染みやすくしたのが油溶性ビタミンC誘導体です。
高濃度でも刺激が少ないのが特徴で、持続性の高さと保湿力に優れているのが特徴で、その性質からクリームやジェルといった油分が多い基礎化粧品に配合されていることが多い。

 

一般的に多いのが

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビル

などがあります。

 

水溶性・油溶性の両方の性質を持った新型ビタミンC誘導体

文字通り水溶性・油溶性の両方の性質を持ち、新型として表現されることが多いです。
扱いやすく、肌への刺激も少ないことから化粧水にも使用されるようになりました。

 

APPSと呼ばれていて、正式にはパルミチン酸アスコルビル酸3Naと呼ばれています。
水溶性・油溶性のデメリットを補う浸透力の高さや肌に浸透した時のビタミンCへの変換も良いことがあり注目されています。

 

ビタミンC誘導体に期待できる効果とは?

ビタミンC誘導体のアンチエイジング効果

ビタミンC誘導体には加齢や紫外線、ストレスなどで発生する活性酸素と呼ばれる体や肌の老化を進めてしまう酵素の働きを防ぐための抗酸化成分として知られています。
特にハリや弾力といったコラーゲンの減少に伴うしわやたるみのケアにもコラーゲンの働きをサポートするため、ビタミンC誘導体はおすすめされています。
また、肌の保湿に関わるセラミドの合成にも関わっていて、肌の弾力や瑞々しい肌作りに役立ちます。

 

ビタミンC誘導体の美白効果

ビタミンC誘導体は厚生労働省が認可した美白有効成分でもあり、シミやくすみを予防する美白効果が認められている成分でもあります。
紫外線により着色したメラニンを還元する働きがあり、シミを薄くする為のケアにも使用されています。

 

美白化粧品の化粧水の多くにビタミンC誘導体が配合されていることが多いです。

 

ビタミンC誘導体のニキビ予防・対策効果

ビタミンC誘導体には肌の皮脂のバランスを整えるのにも役立つ特徴があり、過剰な皮脂のコントロールに働きかけ、毛穴トラブルを防ぐのにも働きます。
肌のターンオーバーを促す働きからニキビ跡の治療にも用いられることが多いです。

 

ビタミンC誘導体の安全性は?注意したいこと

様々な美肌作りに役立つ成分として知られるビタミンC誘導体ですが、肌質によっては刺激(ビタミンCは酸性で刺激がある)を感じたり、皮脂の分泌コントロール作用によって乾燥を感じてしまうということもあります。

 

ビタミンC誘導体配合化粧水を選ぶ時のポイント

ビタミンC誘導体配合化粧水といっても、各メーカーによって含まれている成分が違うので、自分の肌の状態に応じて選ばなくてはなりません。

 

ビタミンC誘導体配合化粧水を選ぶ時のポイントとして注目したいのが

  1. ビタミンC誘導体の種類
  2. ビタミンC誘導体配合化粧水の目的
  3. 一緒に配合されている成分
ビタミンC誘導体の種類

上でご紹介したようにビタミンC誘導体には水溶性・油溶性・両性の新型があります。この中から自分の肌質や目的のスキンケアに合わせて選ぶことが大切です。
浸透性の早さや特徴を踏まえて、濃度と共にチェックしましょう。

 

高濃度だから良いわけではなく、あくまで肌の状態に合わせたビタミンC誘導体の種類と配合量の化粧水を選ぶことで刺激などを感じにくく使うことができます。

 

ビタミンC誘導体配合化粧水の目的

例えばニキビケアの場合には素早く肌に浸透してくれる水溶性のものが配合されていることが多く、肌の美白などではゆっくりと浸透する水溶性と油溶性の両方の性質を持った両性の新型(APPS)を選ぶことで、肌のお悩みに合わせた働きが期待できます。

 

化粧水は性質的に水溶性ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルなど)の配合が多いですが、肌の乾燥が気になる時には水溶性のビタミンC誘導体だと乾燥を進めてしまう可能性があるので、両性の新型タイプか、乳液などに含まれる油溶性タイプのビタミンC誘導体など、敏感肌向けに作られている化粧水からお試しするのがおすすめです。

 

一緒に配合されている成分をチェック

ビタミンC誘導体の美肌作用を高めてくれる成分がどんなものが配合されているかもポイントです。

 

例えば、メラニンの生成を抑制して、美白したいときは、アルブチンやイソフラボン、他にもコウジ酸やエラグ酸が入っていればといった美白成分と共に肌の透明感をサポートしてくれます。

 

また、メラノサイトが活性化しないよう、情報伝達そのものを抑えたいときは、トラネキサム酸が含まれているものを選べば、シミやくすみの出来にくい肌作りをサポートしてくれます。活性酸素を除去することにより、メラニンの生成を抑えて肌を美白したいときは、ローズマリーエキスや甘草エキスを配合したものを使うのもおすすめです。

 

ビタミンC誘導体の抗酸化作用をさらに高めたいときは、アスタキサンチンやビタミンE、フラーレン、レスベラトールなどの抗酸化成分を含んだビタミンC誘導体配合化粧水を選ぶようにしましょう。

 

これらは化粧品の特徴にも言える成分たちですので、美白を目的としているのか、肌を若々しく保つのか、ニキビなどの肌トラブルを解消したいのかによって、配合されている成分が違いますので、チェックすることをおすすめします。

 

ビタミンC誘導体配合化粧水おすすめランキング

こちらではビタミンC誘導体を配合しながら、様々なスキンケアをサポートしてくれるおすすめ化粧水をランキングでご紹介しています。

 

 

b.glen(ビーグレン)の特徴

美白化粧品として知られるビ―グレンの人気化粧水です。保湿や潤いケアに加えて透明感をアップさせるための独自処方が特徴的です。

ビ―グレン独自のQuSome化された安定性と浸透性に優れたビタミンC誘導体に加えて、ホメオシールドやハイビスカス花発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を配合した化粧水です。

シミやくすみ対策・他シリーズではニキビケアラインも用意されています。

価格 1620円
評価 評価5
備考 トライアルセット 送料無料 365日間返品受け付け
 
 

KOSE〜米肌〜澄肌美白の特徴

肌自らを発光させるように透明感を高めてくれるKOSE米肌シリーズの澄肌美白の化粧水です。
美白成分としてビタミンC誘導体を配合して透明感をサポート、さらに肌荒れ対策のビタミンE誘導体に加えて肌の潤いをサポートする米発酵液や米ぬか酵素、ハトムギ発酵液などを配合しています。

二つの有効成分と発酵の力で肌自体を育てるように潤いで満たし整えてくれるおすすめの1本です。

シミ・くすみ対策向け

価格 1,500円
評価 評価5
備考 14日間トライアルセット
 
 

リ・ダーマラボの特徴

エイジングケア成分として、2種の水溶性・油溶性のビタミンCを配合しており、肌への浸透性の違いを活かして肌に働きかけていくのが特徴です。

ビタミンCだけでなく、セラミドやヒアルロン酸、アミノ酸など肌トラブルから守る潤い成分や肌の成長を促すEGFなどを配合したおすすめの化粧水です。

年齢肌ケア・乾燥肌対策・敏感肌にもおすすめ

価格 4,938円
評価 評価5
備考 100g オールインワンゲルタイプ
 
 

アンプルールラグジュアリーホワイトの特徴

顔のしみとくすみの両方をケアするために開発された美白化粧品です。皮膚の専門家が開発を監修しており、高い注目度で芸能人にもファンがいるシリーズです。

アンプルール独自のAOカプセルはハイドロキノンの働きをサポートする速攻性ビタミンC誘導体に加えて抗酸化力が高いα-リポ酸、レスベラトロール、マキベリーエキスを配合した還元力の高い成分をお肌に届け、整えてくれます。

美白と保湿・整肌の3つのテーマをサポート、気になるシミやくすみを点と面でケアしてくれるおすすめ美白化粧品です。

シミ・くすみ対策

価格 1,890円
評価 評価5
備考 トライアルセット 送料・手数料無料
 
 

ビタミンC誘導体,化粧水,おすすめ,ランキング,効果,選び方

ヤクルト化粧品・リベシィホワイトの特徴

乳製品で知られるヤクルトが長年培った乳酸菌技術を駆使して開発したスキンケアシリーズです。

乳酸菌の保湿や潤いをサポートする働きに加えて、美白有効成分のビタミンC誘導体を配合して透明感のある肌作りをサポートしてくれます。

乳酸菌は他のメーカーでも配合していることが多い潤い成分ですが、ヤクルトだからできる黄金比率にこだわったトリプル乳酸菌の潤い実感度は試した方からも好評です。

シミ・くすみ対策と保湿ケアにもおすすめ

価格 1,500円
評価 評価5
備考 1週間トライアルセット 送料・手数料無料
 
 

健肌の源の特徴

ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体の働きはニキビ対策にも有効な成分で2種の成分を融合させて適切な濃度で配合させることで角質層まで素早く浸透させてダイレクトに働きかけます。

ニキビ対策向け

価格 4,980円
評価 評価5
備考 120ml 約1カ月
 
 

ナールス・ピュアの特徴

ナールス・ピュアに配合しているエイジングケア成分のナールスゲンの効果をより高める働きでビタミンCやビタミンEがさらに美肌を作るのに役立ちます。

コラーゲン・エラスチン・ヒートショックプロテイン47など、エイジングケアに効果的な成分を豊富に配合したおすすめの化粧水です。

価格 6,048円
評価 評価5
備考 150ml
 
 
メディプル薬用VCローションの特徴

壊れやすいビタミンCを、肌に浸透できるように加工したものがビタミンC誘導体ですが、これにはターンオーバーを活性化させる作用があります。

古い角質を活性化させ、古い角質がしっかり?がれて新しい角質に生まれ変わるようにするのが重要なのです。

ビタミンC誘導体の力によって大人ニキビが奇麗に治るだけでなく、ニキビができにくい肌質に改善することができるということが何よりのメリットといえるでしょう。

価格 2,940円
評価 評価5
備考 150ml
メディプル薬用VCローションの総評

大人ニキビがいつまでも治らなくて悩んでいる方はたくさんいます。
大人のニキビは思春期のものとできるメカニズムが違うので、治りづらく悪化しやすいのです。

何が原因かというと、やはり年齢をかさねたことで肌のターンオーバーが衰え、古い角質がいつまでもはがれずに残っていることが原因になります。
これを餌とするニキビ菌が繁殖し、白いコメドという形でたくさん発生するのが特徴です。

ニキビ菌は硬い角質に覆われているので、抗菌剤を塗ってもそこまで届かず、薬の効果を実感しづらい中でおすすめされているのが、大人ニキビ対策化粧水のメディプル薬用VCローションがおすすめです。

 

関連ページ

セラミド
化粧水の成分でおすすめされるセラミドの肌へ働きかける効果の特徴や種類についの解説と合わせて、セラミドを配合した保湿効果の高い化粧水のおすすめランキングを掲載しています。
ヒアルロン酸
化粧水の成分でおすすめされるヒアルロン酸の肌へ働きかける効果の特徴や種類についての解説と合わせて、ヒアルロン酸を配合した保湿効果の高い化粧水のおすすめランキングを掲載しています。
プラセンタ
化粧水の成分でおすすめされるプラセンタの肌へ働きかける効果の特徴や種類についての解説と合わせて、プラセンタを配合した保湿やエイジングの高い化粧水のおすすめランキングを掲載しています。