セラミドで乾燥・敏感肌の保湿力をアップ!おすすめのセラミド化粧水

セラミド,化粧水おすすめ,ランキング,保湿効果,低刺激

乾燥タイプや敏感タイプのスキンケアコスメの化粧水では、よく見られるようになってきた保湿成分であるセラミドは、低刺激で保湿効果が高い優れた成分の一つです。

 

肌に存在するセラミドを補う、基礎化粧品のセラミドは乾燥肌・敏感肌の方にとって注目の成分です。
こちらではセラミドの特徴や魅力、そしてスキンケアで使う場合の選び方をお伝えします。

 

セラミド配合化粧水が気になる方にはおすすめのセラミド化粧水もチェックできるランキングもご用意していますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

セラミドの特徴

セラミドとは、人間の肌の角質層に存在する細胞間脂質の一つで、角質細胞の間に存在し、不溶性で水分と肌を各種刺激から保護、スポンジのように水や油分をため込んでくれる働きがあります。

 

同じような働きをするものは他にもいくつかありますが、セラミドは表皮の細胞間脂質の50%を占める主成分で、水分を層の間にはさみ込むことで水分を保持する役割を果たします、皮膚表面に水分と油分のバリアを張り巡らせ、水分蒸発を防ぐとともに、外的刺激が奥へ伝わるのを防いでくれるという特徴があります。

 

セラミドは保湿に欠かせない肌細胞の一つ

保湿成分はそれぞれ役割がありますが、セラミドはその性質上、水分保持力が非常に強く、肌を乾燥から守り健康を保つ上で重要となります。

 

セラミドが肌をきちんと保湿することで、角質層は刺激となる異物や紫外線から肌を守り、乾燥が原因のシワやニキビ、皮脂の過剰分泌を起こすのを防ぐのにも関わっています。

 

そのため、セラミドがしっかりと整っているお肌は外部からの刺激にも強く、肌の保湿力が高いため、肌が乾燥しにくい状態を保つことができます。
逆にセラミドが不足しているお肌は、水分の蒸発を抑えにくい状態で、キメが荒れてしまいやすく乾燥に傾きやすいのが特徴です。

 

セラミドは年齢と共に減少する成分でもあり、20代と50代とではセラミドの量に違いがあります。

 

加齢とともに、個人差はありますが20代後半あたりから徐々に失われていき、その他不規則な生活を続けたりすることでも影響が出てしまう

 

水分、そして肌の保護する成分が失われるということは各種トラブルが生じやすくなり、人によってはアトピー性皮膚炎の原因にもなってしまうのです。老けてしまった印象が強くなってしまうのです。

 

そのため年齢による乾燥肌とそれに伴う肌のお悩みをケアする時には肌のセラミドケアが重要なテーマにもり、しっかりとセラミドを補い肌の保湿力をサポートすることがポイントとなります。

 

セラミドを補うことで期待できる美肌効果

セラミドを化粧水や他の基礎化粧品で補うことで期待できる効果として知られているのが

  • 肌の保湿力を高める
  • 肌のキメを整える
  • 乾燥肌のケア
  • 外部からの刺激から守る敏感な肌のサポート

というのが挙げられます。

 

特に

  • 最近、乾燥が気になる
  • 保湿をしても乾燥を感じるのが早い
  • 肌が敏感になっている
  • メイクノリが良くないと感じる

と感じる方には基礎化粧品でセラミドを補うことを勧められることが多いです。
乾燥肌向け・敏感肌向けの化粧水や基礎化粧品の多くにセラミドを配合していたり、もしくはセラミド自体を生み出す働きをサポートする成分が配合されていることが多いです。

 

化粧水に配合されているセラミドの種類

セラミドは保湿を目的とした化粧水に使われることが多いです。また、化粧水に配合されているセラミドは1種類ではないので、それらの種類と特徴について紹介します。

 

ヒト型セラミド

まず人の肌に備わっているものと同じ構造をしているヒト型セラミドが挙げられます。保湿力が高く肌に浸透させると水分が不足しているところに補うことができ、乾燥している肌に効率よく水分を届けられるようになります。

 

天然セラミド

人と同じ哺乳類の馬由来のものを使っている天然セラミドも、ヒト型と同じくらいの保湿力が期待できます。
肌のセラミドを産出するよう働きかけることで、自らのハリや弾力を促す効果はありますが、抽出量の関係で価格が少し高めになっています。

 

植物セラミド

コメや小麦胚芽油、コンニャクイモなどが由来となる植物セラミドは天然由来ということで肌にやさしいのが魅力ですが、ヒト型とは構造が違うため浸透力は少し弱くなります。ただ肌に優しいというメリットを活かし、コストが抑えられる分、プチプラ系などのセラミド化粧水にも多く使用されています。

 

疑似セラミド

石油の原料から化学的に合成した疑似セラミドは安価なので安い化粧水に使われる割合が大きいですが、植物セラミドよりも効果は劣ると言われています。

 

化粧水に配合されているセラミドはこのようにいくつもの種類と特徴があるので、効果の高さを考慮して選ぶことが大切です。

 

セラミド化粧水を選ぶ時のポイント3つ

セラミドにも種類があるということをご紹介しましたが、化粧水や基礎化粧品でセラミド化粧品を選ぶ時のポイントは基本3つあります。

  1. ヒト型セラミドが配合されているか
  2. セラミドの配合量
  3. 水溶性の保湿成分と一緒に含まれているか
ヒト型セラミドが配合されている化粧水を選ぶ

上でご紹介したようにヒト型セラミドは酵母から作られたセラミドで人の肌に存在するセラミドと化学構造がほぼ同等ということもあり、肌との馴染みが良く角質層の細胞間脂質の構造にも有用性が高いと言われています。

 

そのため、化粧水や基礎化粧品に含まれているセラミドはヒト型セラミドを配合しているかどうかが一つの目安となります。

 

ヒト型セラミドの種類は1〜6まであり、それぞれが保湿や角質のバリア機能をサポートする働きがあります。
その中でもセラミド2は人間の肌に多く存在していることもあり、化粧水や基礎化粧品にはセラミド2が配合されていることが多く、逆に配合されているかどうかも選ぶ時のポイントになります。

 

他にもセラミド1・3・6も肌の乾燥・バリア機能・ターンオーバーに関わるセラミドを補う働きが期待できることから、乾燥肌、敏感肌だけでなく、年齢肌対策化粧品にも配合されています。

 

セラミドの配合量

セラミド自体は生産に時間と費用がかかる成分でもあり、しっかりとした品質と配合量を求めると価格も3,000円以上することが多いです。
また、セラミド自体は元々水にも溶けない油溶性の成分で化粧水に配合するのが難しい成分であることから、コストを抑えて生産するには配合量自体が少ないことも多く、十分な量を配合しているセラミド化粧水は実は多くはありません。

 

商品の裏に記載されている成分表も配合量のチェックに役立ちます。
基本的に配合量順に記載されていますので、水・グリセリンなどのベースとなる成分の後にくる成分の順番を確認して10番目くらいまでに記載されているセラミド化粧水は化粧水のセラミド配合量としては多い方に分類されます。逆に少ない場合はもっと後の方に記載されています。これも一つのチェックポイントですので、セラミド化粧水を選ぶ時にはチェックしてみてくださいね。

 

水溶性の保湿成分と一緒に含まれているか

化粧水は水溶性の保湿成分を角質層に届ける役割が基本ですので、セラミドと共に、肌の保湿力をサポートするヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸といった成分が含まれていることで、より肌の潤いを高めて整えてくれます。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンは多くの化粧水に配合されていますが、肌の角質細胞をサポートするアミノ酸が配合されていることで細胞間脂質の強化、角質細胞の強化、そして皮脂膜の強化をサポートすることができます。

 

セラミド化粧水だけでなく基礎化粧品でもセラミドケアを取り入れる

セラミドは油溶性ですので、水が多くを占める化粧水には他の基礎化粧品と比べて多くを配合することがどうしても難しいです。

 

そのため、化粧水で補うこともおすすめですが、しっかりとセラミドケアを行うなら、乳液や美容液、保湿クリームといった化粧水の後の基礎化粧品でセラミドを補うことで肌の乾燥対策やキメを整えるのに役立ちます。

 

セラミド美容液

化粧水で水分を与え整えた肌の保湿力を高めたり、化粧水には多くの量を配合できない保湿成分や美容成分を届けられるのがメリットなのが美容液です。
とろみのあるテクスチャーで浸透するというよりも角質層を表面からコーティングするように成分を届けながら保湿をサポート、セラミドを補うのにもおすすめの化粧品タイプです。

 

セラミドクリーム・乳液

高い保湿機能によって乾燥を防ぎ、肌の潤いを守る働きに優れた油分を多く含んだ乳液やクリームタイプはセラミドを多く配合している化粧品が多いです。
特に乾燥が進みやすい目元や口元などのポイントにもしっかりと馴染みやすく保湿力をサポートして水分を逃がさずに肌を整えてくれます。

 

美容クリームの基本的な使用方法と同じでまずはしっかりと洗顔してから化粧水をつけて肌を整え、美容液をなじませてからクリーム、という順番がなります。またできればそれぞれの化粧品を同じ化粧ブランド、ラインで揃えることでそれぞれの機能を補完し合うことを考えて作られているので、初めての方にはおすすめだと思います。

 

たっぷりと使うことが前提ですが、ベタベタし過ぎない程に調整することも重要です。

 

セラミド化粧水・基礎化粧品を付ける時のポイント

セラミド配合化粧水を使う時は、顔にしっかりと浸透させることが重要で、手でパックするように馴染ませましょう。
肌の乾燥がひどい時は、重ね付けするか、セラミド配合の美容液を併用することをおすすめします。

 

セラミド配合化粧水おすすめランキング

こちらではおすすめのセラミド配合化粧水・基礎化粧品をご紹介しています。注目はヒト型セラミドだけでなく、より浸透性を高めたナノセラミドです。
お肌への浸透性を高めてよりセラミドの働きを活かせるように工夫されたセラミド化粧水にも目が離せません。

 

 

小林製薬・ヒフミドの特徴

ヒト型セラミド配合

化粧水にはヒト型セラミドを1・2・3配合、さらにシリーズアイテムにも全てセラミドを配合するなど徹底したセラミドケアをサポートしてくれる人気のセラミド化粧品です。

それぞれ特徴が違うセラミド3種を配合し、柔軟性、肌のバリア機能、保湿をしっかりとサポートしてくれます。

無香料・無着色・パラベン・エタノール無添加、アレルギーテスト、スティンギングテスト済みで乾燥や敏感な肌の方にも使いやすい低刺激な化粧水です。

価格 980円
評価 評価5
備考 トライアルセット
 
 

セラミディアルモイスチャーラインの特徴

ヒト型セラミド配合
セラミドの中でも保湿力に優れたヒト型セラミドを配合して肌に馴染みがよく、吸い込まれるように肌に浸透して内側から潤いを与えてくれます。

セラミドの種類も1,2,3,6IIの4種類を高配合して肌の保湿を守ります。

価格 1,300円
評価 評価5
備考 30ml 2週間お試しセット
 
 

decencia・つつむの特徴

ヒト型セラミド配合

セラミド2を配合したディセンシア・つつむシリーズの化粧水です。敏感肌専門ブランドディセンシアの中では保湿力をテーマにした乾燥や敏感な肌の方向けのスキンケアシリーズです。

つつむローションセラムEはセラミド、アミノ酸複合体を贅沢に配合し、肌のセラミドケアだけでなく、角質細胞もサポートし保湿力を高めてくれます。
水分蒸発を防ぐエモリエントプール成分で与えた潤いを逃がさずにしっかりと肌を整えてくれます。

価格 1,470円
評価 評価5
備考 14日間トライアルセット
 
 

リ・ダーマラボの特徴

天然ナノセラミド配合

人間のセラミドに最も近い馬由来の天然セラミドをナノ&リボソーム化して高濃度配合しています。
角質層のすみずみまでしっかり浸透して水分の蒸発を防ぎ外部刺激から肌を守ります。

価格 4,938円
評価 評価5
備考 100g オールインワンゲルタイプ
 
 

セラミド,化粧水おすすめ,ランキング,保湿効果,低刺激

アスタリフトベーシックトライアルキットの特徴

ヒト型ナノセラミド配合

世界最小クラスのヒト型ナノセラミドを配合して隙間の空いた肌の奥、角質に入り込みすみずみまで潤いを与える働きがあります。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 20ml ローション 5日間トライアルセット
 
 

ラ・ミューテ化粧品・美肌セットの特徴

3種セラミド配合
3種セラミド配合で肌のバリア機能をサポートして傷つきやすい乾燥した肌に働きかけます。

さらに傷ついてしまった肌の修復にも働きかけ、自ら潤いとハリ弾力を作り出せるように育てる働きをします。

価格 8,550円
評価 評価5
備考 100ml 約2カ月分
 
 

テルヴィスアクアプロテオの特徴

セラミド(1,3,6II)配合
保水力を高めるセラミドをプラスすることで、プロテオグリカンと合わせて、さらに保湿効果を与えてくれます。

他にも美容成分も豊富で潤いケアにおすすめです。

価格 6,480円
評価 評価5
備考 50g ジェルタイプ
 
 

Tp200エッセンス&ローションの特徴

ヒト型セラミド配合

セミラド3を配合した化粧水ですが、TP200エッセンスローションは何よりプラセンタが最大の特徴でもあります。
プラセンタサプリの分野では知名度抜群で、品質と価格のバランスが良いことで愛用者が沢山います。

そんなメーカーが作った化粧水ということで、馬プラセンタを10倍濃縮配合に加えて、肌の活性化のカギのEGF(ヒトオリゴペプチド)やヒアルロン酸よりも高い保水力があると言われているプロテオグリカンを配合するなど、化粧水よりも美容液に近い贅沢な美容成分が配合されています。

また、ベースの水にも高い還元力を持つ還元水の榊原温泉の水を使用し、低分子でミネラルも豊富なため、肌にも馴染みがとても良いです。

価格 3,800円⇒定期コース1,900円
評価 評価5
備考 150ml
 

 

セラミド原液の乾燥対策の効果は?

皮膚にセラミドという物質が減少すると、乾燥をし、トラブルが起きやすくなります。したがって、セラミドを補おうと考える方は多いです。
その中でよく目にするのが、セラミド原液です。このセラミド以外の余分なものが入っていない、セラミド原液の特徴や使い方をお伝えしたいと思います。

 

セラミドを直接届けるメリット

セラミドを直接肌に届けられることから、乾燥対策に取り入れられることが多く、セラミドが持つ高い保湿力と、皮膚のバリア機能を強くする働きをできるだけシンプルに肌に届けるということができるのがメリットです。

 

肌の弱い人達や、アトピーなどの炎症がある人達、乾燥肌の人達、さらには加齢によってシワやシミ、くすみ等が目立つといった方の中にもよりシンプルに肌の保湿力を高めたい場合にセラミド原液を使用しているという方も少なくありません。

 

また、化粧水では多くを配合するのが難しいセラミドを原液で使用することで肌にたっぷりのセラミドを補えるというのが大きなメリットです。
他にも化粧水や美容液などにプラスして保湿力を高める使い方など、目的に合わせてもアレンジ可能です。

 

セラミド原液の使い方

原液のままスキンケアに取り入れる

洗顔後、化粧水をつけた後に、セラミド原液をつけます。その後、クリーム等で潤いを補うようにします。

 

ご使用の基礎化粧品に混ぜて使用する

また今使用している基礎化粧品に、セラミド原液を1〜2滴加えることによっても保湿力をアップすることができます。
注意点は作り置きをするのではなく、使用時に混ぜて使うようにしましょう。

 

気になる乾燥ポイントを集中ケア

ポイント保湿にもおすすめで、乾燥している部分やシワのあるところなどに、重点的にケアしたい時にも役立ちます。

 

セラミドは食べ物でも補える?セラミドを含む食べ物

セラミドは年齢や生活習慣の影響で不足しやすい成分ですので、日々の食事などからもしっかりと補うことが大切です。
サプリメントなどでの摂取が一般的と考えられがちですが、実は毎日の食事の食べ物からでも充分に摂取が可能なので、意識してみましょう。

 

まず、セラミドを多く含む食べ物についてです。

 

米や小麦粉、牛乳などの普段の生活でも摂取することの多い食材にも豊富に含まれています。
ですが、1日のセラミドの摂取量の目安は600μgです。これは、白米25杯分やスパゲティ3皿分に相当します。

 

これだけの量を毎日摂取するのはなかなか難しいですね。

 

そんな中注目されているのが、こんにゃく芋です。こんにゃく芋には、小麦粉や米の7〜16倍のセラミドが含まれているのです。

 

また、黒豆やゴボウ、ヒジキや小豆などにも豊富に含まれています。
これらのポイントは、黒色の食材です。黒い食材を積極的に摂取することがおすすめなのです。

 

飲み物でも同様です。紅茶やコーヒーなどは豊富に成分が含まれています。

 

また、体内での成分の生成を促すためには血行の促進が大切です。
タマネギやジャガイモ、カリフラワーなども意識して食べるようにして、血行を促進することでセラミドの効果を最大限に引き出すことができます。

 

バランスの取れた食事を摂ることで、セラミドだけでなく、健康的な肌作りに欠かせないビタミンやミネラル、たんぱく質、アミノ酸を補えますので、年齢を重ねてセラミド不足を感じるようになったらスキンケアは体の内側からのケアも重要になります。

 

毎日続けられることを重視してセラミドを補いましょう

セラミドは肌の新陳代謝の際に作られる物質ですが、疲労やストレス、乱れた生活習慣の影響で不足する場合もあります。

 

化粧水や美容液などによって、肌の外側から塗られたセラミドは、身体で作られたセラミドの働きと違い、2時間から24時間程度のあいだしか保湿力が維持されないと考えられています。

 

肌を美しく健康に保つために、日ごろからセラミドを配合された化粧品などでケアしておくと、良い肌の状態を維持できます。
高額なものを短い期間つけても変化は感じられませんので、まずはしっかりと続けられることを基本としてセラミドを補っていくのが良いですね。


関連ページ

ヒアルロン酸
化粧水の成分でおすすめされるヒアルロン酸の肌へ働きかける効果の特徴や種類についての解説と合わせて、ヒアルロン酸を配合した保湿効果の高い化粧水のおすすめランキングを掲載しています。
ビタミンC誘導体
化粧水の成分でおすすめされるビタミンC誘導体の肌へ働きかける効果の特徴や種類についての解説と合わせて、ビタミンC誘導体を配合した化粧水のおすすめランキングを掲載しています。
プラセンタ
化粧水の成分でおすすめされるプラセンタの肌へ働きかける効果の特徴や種類についての解説と合わせて、プラセンタを配合した保湿やエイジングの高い化粧水のおすすめランキングを掲載しています。