ニキビ跡を消したい方注目の化粧水おすすめランキング

ニキビ跡化粧水

ニキビがやっと治ったと思ったら顔にポツポツとニキビ跡残ってしまって気になるという方は多いですよね。
ニキビはキレイに治さないと跡に残りやすく、しかも目立ってしまいます。

 

こちらではニキビ跡のスキンケアに役立つ化粧水のおすすめランキングだけでなく、スキンケアで解消が期待できるニキビ跡の種類やニキビ跡に効果的な成分の選び方をご紹介しています。

 

 

ニキビ跡の種類について

まずニキビ跡にはいくつか種類があります。

 

主なニキビ跡の種類には

  • 赤みが残っているニキビ跡
  • 色素沈着してしまっているニキビ跡
  • クレーターのようにへこんでしまったニキビ跡
  • ポコっと盛り上がるようにできたニキビ跡

これらは対処法も少しづつ違い、中にはセルフケアでは解消が難しいニキビ跡もあります。

 

赤みが残っているニキビ跡

ニキビが落ち着いたけれど、肌にポツポツと赤みが残っているニキビ跡です。
刺激を与えなければ痛みなどはないものの、ひどくなると消えにくいニキビ跡になるケースがあります。

 

炎症を起こした肌を治すために肌の毛細血管が集中している状態と言われていて、さらに肌のターンオーバーが乱れることによって肌の再生が遅れている時などに表れやすいニキビ跡です。

 

スキンケアでは肌の保湿ケアを行いながら肌のターンオーバーを整えることを意識しながら行うことが解消のポイントです。

 

色素沈着してしまっているニキビ跡

ニキビができて跡に残った箇所が紫外線などの影響でメラニン色素が発生し茶色くシミのようになっているニキビ跡です。
毛細血管内で内出血をして紫っぽい色になっている場合もあります。

 

紫外線による色素沈着を防ぐためのUVケアと美白成分によるシミを防ぐケアやシミを薄くするケアがポイントになります。

 

クレーターのようにへこんでしまったニキビ跡

誤ったニキビケアなどで、治る過程で肌を傷つけてしまった場合などに皮膚に凹凸が残ってしまうニキビ跡です。
思春期にできたニキビを潰しすのがクセだったという方や間違ったニキビケアで残ってしまいやすいのが特徴でセルフケアでは消すのが難しいニキビ跡です。

 

クリニックなどでの専門治療(ケミカルピーリングやレーザー)が一般的で、費用はかかりますが、セルフケアよりも改善効果が期待できます。

 

ポコっと盛り上がるようにできたニキビ跡

ニキビが治っても盛り上がるように残ってしまったニキビ跡で、ニキビの炎症などで血流が悪くなることなどによって膚細胞が盛り上がってしまった状態です。
ひどくなるとしこりのように盛り上がり目立ってしまうこともあり、気にされている方が多いです。

 

このしこりのようなニキビ跡もセルフケアでは解消が難しく、専門治療(ケミカルピーリングやレーザー、切開手術)での治療によって目立たなくすることができる場合が多いです。

 

スキンケアで解消が期待できるニキビ跡

ご紹介したニキビ跡の種類の中で化粧水や他の基礎化粧品でのスキンケアで解消や目立たなくすることが期待できるのが、赤みが残ったニキビ跡と色素沈着を起こしてシミのようになっているニキビ跡の二つです。

 

赤みが残っているニキビ跡のスキンケア

赤みが残っているニキビ跡は肌のターンオーバーと保湿ケアによって肌を整えることがポイントです。

 

特に乾燥は肌を刺激に対して敏感にしてしまうので、十分な保湿で肌を整える必要があります。
まだ炎症が残っている場合には抗炎症成分を配合した薬用化粧水でのケアもおすすめです。

 

また、赤みタイプのニキビ跡はケアを怠ると色素沈着を起こす可能性もあるので、メラニンの生成を防ぐための美白化粧品でのケアもおすすめです。

 

日々のクレンジングや洗顔による落としすぎ、洗いすぎによっても乾燥を招いてしまうので、注意しましょう。

 

色素沈着してしまっているニキビ跡のスキンケア

色素沈着してしまっているニキビ跡は赤みタイプのニキビ跡から紫外線や外部からの刺激によってメラニン色素が生成され定着してしまったシミと同じ状態です。
この状態のニキビ跡は紫外線対策を行いながら、肌のターンオーバーを促すための成分と、できてしまっているシミを薄くする美白成分によるケアがポイントです。

 

クレーターのようになったニキビ跡も肌のターンオーバーを促し角質を柔軟にしすることで悪化させるのを防ぐことができるので、専門治療を受けないという方は日々のスキンケアでしっかりと保湿と肌のターンオーバーを促すスキンケアを取り入れることをおすすめします。

 

ニキビ跡を消すのに効果的な成分とは

赤みタイプのニキビ跡と色素沈着を起こしたニキビ跡のスキンケアのポイントは

  • 肌のターンオーバーを整え正常化する(赤み・色素沈着タイプ)
  • 炎症を起こしている場合の落ち着かせるケア(赤みタイプ)
  • 色素沈着を起こしたニキビ跡の美白(色素沈着タイプ)
  • 乾燥から肌を守るための保湿(赤み・色素沈着タイプ)

これらが基本です。

 

そしてこれらのケアに役立つとされているのが、

  • ビタミンC誘導体:皮脂コントロールやシミへの還元作用、肌のターンオーバーを促す他、美白成分としての働きも期待できる
  • グリチルリチン酸・サリチル酸:肌の炎症を落ち着かせるために使用されることが多い成分でニキビケア化粧水にも配合されることが多い
  • ハイドロキノン(アルブチン):できてしまったシミに対して働きかける美白成分の一つ

美白成分はできてしまったシミを薄くするタイプとシミを防ぐのに働くタイプがあります。
赤みが残っている肌のスキンケアの中で少し落ち着いてから紫外線対策の一環としてメラニンの生成を抑制する美白成分でのケアを行う場合にはシミを防ぐタイプを選ぶことをおすすめします。

 

美白化粧水特集ページはこちら

 

ニキビ跡を消すための化粧水の選び方

ここまでご紹介したようにニキビ跡を消すための化粧水選びでは

  • 肌のターンオーバーを促す成分
  • 肌の炎症を抑える成分
  • 肌の保湿をサポートして乾燥を防ぐ成分
  • 色素沈着を起こしたニキビ跡の場合の美白成分

これらがニキビ跡の種類に合わせて配合されているかという点をポイントに化粧水を選ぶのがおすすめです。
また、ニキビの炎症が残っている場合には肌への刺激が少ないことも大切ですね。

 

ニキビ跡ケアに役立つ化粧水おすすめランキング

 

アスタリフトホワイトの特徴

富士フィルムから登場した美白化粧品シリーズで浸透性を高めて素早くお肌に成分を届けるナノ化技術と美白有効成分アルブチンの二つのアプローチでニキビ跡ケアをサポートしてくれます。

またアスタキサンチンや3種のコラーゲンを配合することで肌の潤いとハリを高めてその後の基礎化粧品の道筋を作るようにお肌を整えてくれます。

化粧水にはアルブチンが配合されていますが、同シリーズの美容液にはビタミンC誘導体を配合、さらにクリームにもアルブチンを配合したトータル美白をサポートしながら肌の保湿とターンオーバーサイクルを整えるのにも役立ちます。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 5日間美白トライアルキット
 
 

Reproskin(リプロスキン)の特徴

ニキビ後のお肌のお悩みケアへの満足度92%を超える人気の化粧水です。
肌の炎症を整えるグリチルリチン酸ジカリウムに加えて、肌の保湿や透明感をサポートするプラセンタ、スクワランを配合、さらに米ぬかエキスやアロエベラエキスを含む豊富な美容成分で肌を整えてくれます。

また水溶性成分と油溶性成分の働きで肌を整えながら固くなった角質を柔軟にして潤いを届け、ターンオーバーサイクルを整えるのにも役立ちます。

赤みが残ったニキビ跡ケアではトップクラスの人気の化粧水の一つです。

価格 7,500円⇒定期コース4,980円
評価 評価5
備考 100ml
 
 

b.glen(ビーグレン)の特徴

美白化粧品として出来てしまったシミを薄くするのに役立つと評判が良いビーグレンの化粧水は浸透性と安定性を高めたビタミンC誘導体を独自の処方で配合しているのが特徴です。

さらにシリーズアイテムには高濃度ピュアビタミンCを配合したCセラムやハイドロキノンを配合したQuSomeホワイトクリームがあり、肌のターンオーバーを促しながら、できてしまった色素沈着を起こしたニキビ跡を薄くする美白ケアに役立ちます。

トライアルセットではこれらのシリーズを7日間お試しできます。また365日間返品保証付きですので、お肌に合わない場合でも安心です。

価格 1,800円
評価 評価5
備考 7日間トライアルセット
 
 

アンプルールラグジュアリーホワイトの特徴

皮膚の専門家が開発した化粧水で、先進医療の観点から作られているのが特徴です。
クリアな透明感を作るための高浸透型化粧水で、できてしまったシミに働きかける新安定型ハイドロキノンと肌のキメを整えるトリプルセラミドといった美白成分と保湿成分を凝縮して肌を整えてくれます。

またトライアルセットでもお試しできるシリーズアイテムにはビタミンC誘導体や保湿成分を贅沢に使用することで、シミだけでなく、肌のくすみケアにもおすすめです。

価格 1,890円
評価 評価5
備考 トライアルセット
 
 

decencia・サエルの特徴

敏感肌向け化粧品として知られるディセンシアの美白化粧品シリーズです。

シリーズとしては美白に向いていますが、化粧水では肌のキメを整えターンオーバーにも関わるセラミド産生促進成分「白様雪」を配合するなど、潤いを与え肌の保湿力を高めるのにもおすすめな化粧水です。

シリーズアイテムによるビタミンC誘導体によるケアでニキビ跡ができた肌のターンオーバーサイクルを促すのにも役立ちます。

価格 1,480円
評価 評価5
備考 10日間トライアルセット
 
 

KOSE米肌〜澄肌美白の特徴

メラニンの生成を抑えながら、肌の透明感をアップさせるビタミンC誘導体と米発酵液などの潤いをサポートする成分を配合した美白シリーズです。
また肌のキメが整わない荒れたお悩みにはビタミンE誘導体を配合し肌を整えてくれます。

ハトムギや乳酸Na、米ぬかといった肌の潤いを高めるだけでなく、肌を整えるのにも役立つ成分を配合することで、ターンオーバーサイクルを促しながら保湿力も高めてくれるのが特徴です。

価格 1,500円
評価 評価5
備考 14日間お試しセット
 

 

ニキビ跡のためのスキンケア・生活習慣

ニキビ跡のケアは肌のターンオーバーを促すことが大切です。そのため、日々のスキンケアでもターンオーバー乱さないように気を配る必要があります。

 

クレンジング・洗顔による乾燥に注意する

特に乾燥は肌のターンオーバーサイクルを乱してしまうのに影響しますので、毎日のクレンジング、洗顔は落としすぎや洗いすぎに注意しながら、摩擦を減らしたケアを行うことがニキビ跡にも刺激が少なく乾燥を防ぐためにも意識する必要があります。またすすぎの水の温度が高すぎると肌の保湿を担う皮脂が必要以上に落とされてしまうので、30度くらいのぬるま湯ですすぐようにしましょう。

 

肌が無防備な状態を減らす

洗顔後から化粧水をつけるまでの時間が長い、もしくはすっぴんでゴミ出しや買い物に出かけることが多いという方は肌の乾燥や紫外線による影響をニキビ跡が受けやすくなります。

 

洗顔後はできるだけ短い時間で化粧水を付け乳液などで保湿をする、ゴミ出しや近所へのお買いものも日焼け止めやUVカット機能が付いた化粧下地を使うなど肌を守る意識を持つことでニキビ跡の悪化を防ぐことができます。

 

ストレスはお肌の敵

ストレスはお肌の敵と言われることが多いですが、これはストレスによって自律神経やホルモンバランスなどにも悪影響があり、ホルモンバランスの乱れはニキビの原因にもなります。

 

また、肌のターンオーバーの停滞にも繋がるので、ストレスケアは大切です。

 

睡眠と食事を見直す

これはニキビ跡ケアだけのお話ではありませんが、睡眠と食事は健康的なお肌を作るのに欠かせません。
睡眠は寝ている間にストレスを減らしリセット、肌が生まれ変わる時間でもあります。
また、食事から摂る栄養はお肌を作るための元にもなり、スキンケアよりも重要なポイントになります。

 

この二つは肌のターンオーバーサイクルの安定にも繋がりますので、不規則になっている生活をされている方は見直してみることをおすすめします。

 

睡眠前のカフェインの摂りすぎ、寝る直前までパソコンやスマホを見る癖があるという方は睡眠の質を下げていることもありまあすので、寝る時間を先に決めてそれに合わせて趣味の時間を作ることでスケジュールを経てやすくなります。

 

食事面ではビタミン・ミネラル・たんぱく質は不足しやすいので、野菜・果物、魚といった材料を食事に取り入れてバランスの良い栄養補給を心がけましょう。

 

ニキビ跡ケアで注目のクナイプビオオイルとは?

クナイプビオオイルはニキビ跡のケアに役立つオーガニックオイルです。ヨーロッパの認証団体NATRUE(ネイトゥルー)から最高ランクのオーガニック化粧品の認証を取得していることでオーガニックに興味がある方にも知られるオイルの一つです。

 

このオイルは天然100%(サフラワー油・オリーブ果樹油・グレープフルーツ果皮油など)のオイルで肌の保湿とターンオーバーをサポートする働きに加えて、ニキビあとにもおすすめということでニキビ跡になった肌のケアで注目されています。

 

そのため、パッケージにもニキビが治ったあとのケアにおすすめというように記載されており、高い保湿力とターンオーバーをサポートする働きでケアすることができます。

 

ただしケロイドや色素沈着を起こした肌ではなく、炎症を起こしたニキビが治ってからの肌を整えるためのケアということで、簡単に言うとニキビ跡ではなくニキビ後のスキンケアにおすすめということになります。

 

もちろんニキビによってお肌にダメージを負っていますしターンオーバーは乱れてしまいます。そのため肌の保湿やスキンケアを肌に刺激が少なくオーガニックオイルで行えるというのは肌にも優しくて使いやすい点がありますね。

 

このオイルは赤みがあったニキビが落ち着いて治ってからのケアにおすすめですので、肌の保湿とターンオーバーを肌に余分な負担をかけずにケアしたい方には使いやすいかもしれません。