夏のテカり対策・美白ケアにおすすめの化粧水

夏におすすめの化粧水,ランキング,夏用化粧水,選び方

夏は紫外線が強く、スキンケアも美白を意識しがちです。

 

しかし、エアコンの普及により、室内の空気が乾燥しているのが現実です。

 

夏の化粧水の選び方のポイントは、まず第一に保湿です。

 

夏は湿度が高く、汗をかいているので、保湿は最低限でいいと思われがちですが、紫外線の影響や、エアコンの使用で思っているよりお肌は乾燥しています。
冬と同様に、たっぷりと保湿成分の入ったものを選びましょう。

 

 

夏の肌トラブルを防ぐ化粧水の選び方

毛穴ケア

皮脂が多く毛穴が気になるときは、ビタミンCが入っている化粧水がおすすめです。
ビタミンCは、シミやそばかすを薄くすると言う美白効果の他に、毛穴を小さくするという働きも期待できます。

 

インナードライ・混合肌のケア

夏におすすめの化粧水,ランキング,夏用化粧水,選び方

また、べたつく季節には、さっぱりタイプのスキンケアをしがちですが、乾燥肌混合肌では、さっぱりタイプでは保湿が物足りません。

 

脂性肌が気になるという人でも、内側が乾燥しているインナードライになっていることが多くあります。
一度、お肌の状態を確認することが大切です。

 

夏は紫外線の季節!30代からは美白も意識する

夏は日差しも強く、服装も肌を見せることが多いですよね。30代になったら肌の保湿ケアプラス将来のシミ対策を基礎化粧品から取り入れるのもおすすめです。
肌の潤いバランスを整えながら、シミの原因メラニンの排出をスムーズにするターンオーバーを促す美白化粧水で肌の透明感を守りシミを予防しましょう。

 

おすすめの美白化粧水特集ページはこちら

 

夏用保湿・美白化粧水おすすめランキング

夏用保湿・美白化粧水おすすめランキング

夏のテカりや毛穴のお悩みに役立つおすすめ化粧水をご紹介します!

 

 

ハーベリーアースストーリーの葡萄樹液ジェルの特徴

夏場の気温の変化に左右されない潤い効果

夏場の気温や職場でのエアコンによる乾燥から守る葡萄樹液の保湿効果が肌を守ります。
葡萄樹液エキスは世界で初となる美肌成分であり、山梨県勝沼地方の葡萄から採取されています。

またオールインワンジェルですから、化粧水や乳液などの役割を果たしてくれるところも魅力です。

価格 5,110円
評価 評価5
備考 120ml 朝晩約2カ月分 ジェルタイプ
ハーベリーアースストーリーの葡萄樹液ジェルの総評

実際に使ってみて90%以上の人がうるおいを実感しているくらい、保湿効果がありますので、スキンケアはこれ1本で済ませられます。

 
 

夏におすすめの化粧水,ランキング,夏用化粧水,選び方

アスタリフトベーシックキットの特徴

ナノ化技術で肌の奥に届ける夏場の隠れ乾燥予防におすすめの化粧水

Wの赤の力によって潤いと張りに満ちた肌に導くスキンケアシリーズはもっちりとした潤いがあって、肌の内側から弾むようなハリを感じる肌作りをサポートします。
独自技術によってナノ化された美容成分が肌の奥にまで浸透することで夏場のインナードライを予防します。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 20ml ローション 5日間トライアルセット
アスタリフトベーシックキットの総評

乾燥肌の人に特に効果的な保湿成分として人型ナノセラミドと3種のコラーゲンが配合されており、まるで肌が食べるように肌によくなじみ、内側から潤いで満たされた肌へと導きます。

抗酸化力の高いアスタキサンチンは肌の透明感や若々しさを保つのにもおすすめです。

 
 

KOSE〜米肌澄肌美白の特徴

夏のインナードライと紫外線によるダメージを肌自体の潤いを高めるセラミドケアと美白有効成分の二つのアプローチでサポートしてくれる夏におすすめのスキンケアシリーズの化粧水です。

エアコン環境での乾燥、紫外線によるダメージに働きかけるビタミンC誘導体とビタミンE誘導体がシミ・ソバカスを防ぎながら、肌荒れを防いでくれます。

またセラミドケアや肌の水分バランスを整えるのに嬉しい米ぬかエキスやハトムギエキスを含む8種類の潤い成分で乾燥によるターンオーバーの停滞を防いで外部からの刺激に負けない肌作りをサポートしながら、潤いとツヤを感じさせてくれる化粧水です。

価格 1,500円
評価 評価5
備考 14日間トライアルセット
 
 

アルファピニ28エッセンスローションの特徴

乾燥や紫外線といった外部環境からの刺激が多い夏の肌の乾燥や肌荒れをたっぷりの植物成分で潤してくれるボタニカル志向の化粧水です。

水には肌を整えながら、抗酸化力も高いクマタケランの蒸留水を使用しており、成分の91%を占めている水も肌に嬉しい成分となっています。
また、22種類の植物エキスで潤いを高めながら、さらにセラミドとアミノ酸、ヒアルロン酸で角質層を段階的にケア、キメを整え、角質細胞に栄養を与え、保湿力を高めることができます。

夏のお疲れ肌に植物の優しさと潤い力はピッタリです。

価格 5,250円⇒定期コース4,200円円
評価 評価5
備考 120ml
 
 

アスタリフトホワイト・美白トライアルキットの特徴

夏の紫外線対策と潤いをダブルでカバーする美白スキンケアの人気化粧品

アスタリフトホワイトは独自のナノユニット技術によって開発された成分ナノAHAを、しみの発生源であるメラノサイトまでしっかりと届けて働きやすくすることに成功した化粧品です。

肌の奥深くまで美白有効成分のナノAHAが浸透し、肌本来が持っているシミの発生源のメラノサイトを分解する力を助ける働きをします。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 20ml ローション 5日間トライアルセット
アスタリフトホワイト・美白トライアルキットの総評

美白成分が肌の奥までしっかり届いてシミやそばかすなどを防ぐとともに、アスタキサンチンと3種類のコラーゲンの力によって乾燥気味の肌の人でも潤いや肌のハリをしっかりとキープする効果が特徴です。

 
 

decencia・サエルの特徴

夏のお疲れ肌に優しい敏感肌専門ブランドディセンシアの美白シリーズです。

しっかりと潤いを与えて角質層を満たし、ビタミンC誘導体が肌の還元力をサポートしながら、シミを防ぐのに働きかけます。
乾燥がちでキメが荒れた肌のセラミドケアをサポートして紫外線ダメージから肌を守るように潤いの膜を作ってくれます。

価格 1,480円
評価 評価5
備考 10日間トライアルセット
 
 

夏におすすめの化粧水,ランキング,夏用化粧水,選び方

リベシィホワイトの特徴

乳酸菌発酵エキスが肌を紫外線のダメージから守る美白化粧品
リベシィホワイトの最大の特徴となっているのが、ヤクルトの高い発酵技術によるトリプル乳酸菌の黄金比率で、ミルクとアロエ、そして高分子ヒアルロン酸の3つからなる保湿成分が最高のバランスで配合されていることで、肌にみずみずしい潤いを与えてくれる作用を実現しています。

また、美白の為には潤いだけでなく、メラニンによる色素沈着を防ぐことが必要不可欠ですが、この化粧品にはビタミンC誘導体が配合されているので、メラニンの生成を抑えてくれるので安心です。

価格 1,620円
評価 評価5
備考 30ml ローション 1週間お試しセット
リベシィホワイトの総評

ヤクルトといえば、乳酸菌飲料の分野で絶大な知名度を誇る大手企業ですが、この化粧品はそのノウハウが存分に生かされたものとなっています。

紫外線によるダメージを受けてから、メラニンが体外に排出されるまでのサイクルにも着目している点も、リベシィホワイトの大きな特徴で、これにより単なる保湿やホワイトニングに留まらない、ワンランク上のスキンケアを可能としています。

 
 

夏におすすめの化粧水,ランキング,夏用化粧水,選び方

オルビス・アクアフォースミニセットの特徴

隠れ乾燥肌に働きかける貯水効果でメイク崩れしづらい肌を実現

夏場のインナードライや肌表面のテカリを抑える肌に貯水するという発想の乾燥肌対策の化粧水です。

肌内部からの水分蒸発を防いで、乾燥による皮脂分泌を抑えて、夏場でもメイク崩れのしづらい素肌作りに効果的に働きかけます。

価格 1,905円
評価 評価5
備考 180ml 約3カ月分プラス3週間体験セット付き
 

 

夏の肌のテカりは日々のスキンケアが原因かも?

夏は汗もかきやすくテカりが気になる季節です。ただこのテカりはここまでお伝えしたように、隠れ乾燥が原因となっているケースが多いです。

 

その仕組みは乾燥した肌を守ろうとして皮脂の分泌量が増えることが影響しています。
そのためにはまずは肌自体の潤い不足を化粧水で満たして水分と油分のバランスを整えることが大切です。

 

クレンジング・洗顔による乾燥に注意!

皮脂が気になる、暑いからさっぱりとしたいという思いから、クレンジングや洗顔もしっかりと落とす、洗うという方が多いですが、このクレンジングと洗顔の時点で肌に必要な皮脂や保湿を担う成分を落としすぎていることが多いです。

 

特にクレンジングはメイクを落とすだけの洗浄力を持っていますので、どうしても肌から潤いを奪ってしまいます。
メイクの濃さに合わないクレンジングを使っているという場合は落としすぎに繋がりますので、メイクの濃さに合わせて適切なクレンジングを選びましょう。

 

洗顔では、ダブル洗顔による乾燥が影響している場合があります。クレンジングでしっかりと落とした肌は潤い不足に傾きやすいです。
その状態でしっかりと汚れを落とそうとゴシゴシとこする洗い方は肌を乾燥させてしまう大きな原因となりますので、クレンジング後のダブル洗顔はこすらずにやさしく洗うこと、皮脂を落としすぎないことを意識しましょう。

 

おすすめは洗浄成分が肌に残らない洗顔石けんでの洗顔ですが、それでも乾燥するという場合には一度ダブル洗顔をお休みしてダブル洗顔不要のクレンジングを選ぶというのも乾燥対策ではポイントになります。

 

テカりが気になるからといって、あぶら取り紙などで頻繁に皮脂を落としていると逆にテカりがひどくなることもあるので、夏もしっかりと潤いを与えて水分と油分のバランスを整えてあげましょう。