ベタつきとカサつきにお悩みの混合肌対策化粧水おすすめランキング

混合肌,化粧水おすすめ,ランキング,べたつき,カサつきが気になる肌ケア

額や鼻筋はベタつくのに全体的に乾燥しているという女性の肌質の方が増えています。
これは混合肌と呼ばれるスキンタイプで、乾燥するのに化粧が崩れてしまうという悩みの多い肌タイプなのです。

 

こうした肌質がオイリーと乾燥両方の性質を持つ方は化粧水の選び方と使い方にひと工夫必要になります。

 

 

混合肌対策化粧水おすすめランキング

 

KOSE〜米肌の特徴

乾燥に傾きやすい混合肌の潤いケアにおすすめなのが、KOSEの米肌シリーズです。

ポイントは肌自体のセラミドを増やすのに働きかけてくれるという点で、米肌シリーズの特徴でもあるライスパワーNo11を配合した化粧水は肌に潤いを届けるだけではなく、水分保持能を改善する成分として肌自体がしっかりと潤うためのサポートをしてくれます。

また、角質層の保湿力をサポートする乳酸Naと空気中の水分まで取り込んで潤いを高めるグリコシルトレハロースを配合することで、より潤いを保つ肌の土台作りができる化粧水です。

価格 1,500円
評価 評価5
備考 14日間トライアルセット
KOSE〜米肌の総評

乾燥して敏感になっている肌にも優しい弱酸性、アレルギーテスト済みの化粧水で、香料、着色料、石油系界面活性剤、鉱物油は無添加となっています。

 
 

ライスフォースの特徴

ライスフォースのディープモイスチャーローションも米肌シリーズと同様にライスパワーNo11を配合した肌の潤いを高めるのにも役立つ化粧水です。

しっとりとしたつけ心地で角質層を潤しながら、その後のスキンケアの道筋をしっかりと作ってくれます。

無香料・無着色・石油系界面活性剤不使用・動物性原料不使用の弱酸性化粧水です。

価格 900円
評価 評価5
備考 10日間トライアルセット 送料無料 全額返金保証
ライスフォースの総評

国内・海外のスパやエステでも採用されている人気シリーズで世界42カ国で使用されています。、プロのスタイリストさんからも評価が高く芸能人の方の中にもブログで紹介するなど、日々肌に負担をかけるメイクや撮影を行っている芸能人の方の潤いケアとして好評です。

 
 

セラミディアルモイスチャーラインの特徴

ケアが難しい混合肌のケアに無添加処方の化粧水が肌に負担をかけず、しっかりと保湿する働きかけをします。

潤いを生み出す成分、ヒト型セラミド、リビジュア、ヒアルロン酸によって肌のキメを整えて水分蒸発を防いで乾燥を予防します。

価格 1,300円
評価 評価5
備考 30ml 2週間お試しセット
 
 

アルファピニ28エッセンスローションの特徴

ボタニカル(植物性)にこだわった肌に優しいだけでなく、肌自体を高めることにこだわった化粧水です。

乾燥で肌が敏感になっている、ごわつきやざらつきといった肌のお悩みに水自体からこだわった素肌に優しい化粧水です。

水にはクマタケラン蒸留水を91%配合、22種類の植物エキスを配合した98%植物由来成分の化粧水です。
水だけでなく、肌の乾燥を潤す、セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸を配合してキメを整えながら角質細胞までしっかりとサポートして潤いを高めてくれます。

価格 5,520円⇒4,200円
評価 評価5
備考 120ml
アルファピニ28エッセンスローションの総評

ボタニカル化粧水に興味がある方は是非チェックしてほしい、こだわりの化粧水の一つです。敏感になっているお肌にも優しく、ミストタイプで使い勝手も良いので、忙しい方にもおすすめです。

 
 

混合肌,化粧水おすすめ,ランキング,べたつき,カサつきが気になる肌ケア

オルビス・アクアフォースミニセットの特徴

顔のパーツごとの肌質の違いをカバーする潤いを与えて肌に貯水する効果で額やTゾーンのテカリや頬の乾燥を防いで毛穴の開きによる黒ずみを解消に役立ちます。

デコラインのざらつきを感じる肌表面にも保水効果で潤いある肌を作るのにおすすめの化粧水です。

混合肌の悩みに働きかける水分蒸発を防いで隠れ乾燥肌にも効果的です。

価格 1,905円
評価 評価5
備考 180ml 約3カ月分プラス3週間体験セット付き
 
 
サンスター・キアナの特徴

べたつかないローションタイプの化粧水が肌の奥に浸透して混合肌の隠れ乾燥に働きかけます。

主成分でもある、藍潤エキスは肌の状態を整えて潤いある状態へと作り上げ、ヒアルロン酸とヨモギ葉エキスがさらに保湿効果を与えて、水分不足の乾燥を防いで、水分バランスを整えるのに役立ちます。

価格 1,200円
評価 評価5
備考
 

 

混合肌の化粧水はどう選ぶ?化粧水選び方

混合肌の特徴としては基本的には皮脂量は多めながら肌自体は乾燥気味というのが特徴です。
Tゾーンや鼻まわりは皮脂が多いのに、フェイスラインや頬、目元周りが乾燥気味という方が多いです。普通肌と同じように分類されることも多いですが、普通肌よりもべたつきとカサつきの差が大きい状態とも言えます。

 

そのため、混合肌の方は季節によって乾燥に傾いたり、皮脂が多くテカりやすく、メイクノリが悪かったり崩れやすいといったお悩みを感じている方も多いです。
また、混合肌は日本人に多い肌質でもあります。

 

化粧水は乾燥対策を意識したタイプがおすすめ

混合肌の基本的な水分量は普通肌と比べると少なめです。そのため、まずはしっかりと潤いを供給し保湿することで、乾燥を防ぎます。
皮脂の過剰な分泌も実は隠れ乾燥が関係している場合が多いので、乾燥肌向けの保湿力が高めの化粧水で肌の潤いを保ちましょう。

 

皮脂が気になる箇所は化粧水の使い分けもポイント

ニキビができやすいTゾーン、フェイスラインも保湿が大切なのは代わりありませんが、肌荒れを起こしやすい箇所に合わせて薬用化粧水などニキビ用化粧水で肌を整えることでニキビ予防を行い、乾燥がちな箇所には保湿力が高い化粧水を使うといった、パーツに合わせて化粧水を使い分けることもおすすめです。

 

顔の乾燥・ベタつきが違うパーツ別のケア

カサつきが気になる乾燥しやすいパーツのケア

カサつきやすい、フェイスラインや頬、口元、目元の中で、目元は皮膚が薄く、皮脂線が少ないため特に乾燥しやすくなります。
洗顔やクレンジング時のこすりすぎによって乾燥を招きやすい箇所ですので注意しましょう。

 

乾燥が気になる箇所はさっぱりタイプよりもしっとりタイプの化粧水で、肌のセラミドを補いキメを整えて肌荒れを予防しながら、保湿力を高めましょう。

 

口元・目元の乾燥が気になる時には、通常の基礎化粧品に加えてポイント用の保湿アイテムを重ねづけするのもおすすめです。

 

潤い成分はヒアルロン酸、コラーゲンやセラミドなどといった保湿効果が高い成分を選ぶのが基本ですね。
特にセラミドは肌のキメを保つための細胞間脂質として角質層に多く存在しているので、乾燥がちな方は、化粧水でもセラミド配合のもので補うのがおすすめです。

 

テカりやすい皮脂が多いパーツのケア

皮脂が多めのTゾーンもさっぱりとしたタイプを使いたい所ですが、まずは隠れ乾燥による水分不足を解消するための浸透性が高く保湿をケアできる化粧水がおすすめです。

 

さっぱりタイプも悪くはありませんが、アルコール系の使い心地をさっぱりとさせる成分は肌の乾燥を招きやすくしてしまう場合があります。
皮脂の過剰な分泌は肌の乾燥が引き起こしているケースが多いので、使用する量を適量にして、つけすぎてベタつくのを避けながら潤いを与えて保湿の準備を行いましょう。

 

肌のざらつきが気になる時の化粧水選び

テカりだけでなく、肌がざらついていると感じている方も混合肌で感じやすいお悩みです。
これは肌の乾燥が皮脂の過剰な分泌だけでなく、ターンオーバーサイクルを停滞させてしまっていることで古い角質が残り、皮脂と混ざり合って肌に残ってしまうため、ザラザラとした質感になってしまいます。

 

また、乾燥することで肌表面のキメが荒れることで滑らかではない状態になり、指で触るとザラつきを感じるというケースがあります。

 

この場合はビタミンC誘導体などを含んだ化粧水で肌のターンオーバーをサポートしながら潤いを与えていくのが基本です。
その上で乳液やクリームで保湿をすることで、水分の蒸発を防いで、肌のターンオーバーをサポートします。

 

古い角質が気になる場合には日々の洗顔で、適度に落としてあげるのがおすすめです。

 

また、朝の皮脂が気になったりざらつきが気になる時には洗顔ではなく、油分を含む拭き取り化粧水で拭き取ることで肌の乾燥を防ぎながら、余分な皮脂や古い角質を優しく落とすことができます。