毛穴の引き締めケアで失敗しないための収れん化粧水の選び方

毛穴が目立つ、皮脂が多いと感じる時などに素早く肌を引き締めてくれるのが魅力の収れん化粧水。

 

収れん化粧水には、水分を補って保つ働きや、皮脂をコントロールする働きがあるといわれています。
つけ心地が好きで使っているという方も多いですね。ただこの収れん化粧水も選び方や使い方を誤ると、思わぬ肌トラブルにもなりかねません。

 

こちらでは収れん化粧水の選び方と使い方についてお伝えします。

 

 

収れん化粧水選びの基本

配合されている成分をチェック

まずは収れん化粧水にどのような成分が配合されているかをチェックしましょう。
一般的に
毛穴を引き締める成分:クエン酸・タンニン酸・アーチチョーク葉エキス・ハマメリスエキス・カテキンなど
皮脂コントロール成分:ビタミンC誘導体など
これらが配合されていることが多いです。

 

毛穴の引き締めだけでなく、オイリーで肌の皮脂を落ち着かせたいという場合にはビタミンC誘導体が配合されているタイプがおすすめです。

 

アルコール成分による影響を考慮

収れん化粧水には肌の引き締めや爽快感を与えるアルコール成分(エタノール、メントールなど)が含まれている場合が多いです。
肌へのつけ心地の良さでもありますが、アルコール成分によって肌に刺激を感じる場合や乾燥によって毛穴が開いているのを抑えたいという場合に乾燥が進んでしまうケースがあります。

 

そういった方の場合にはアルコールフリーのタイプを使用するか収れん化粧水自体の使用を控えることをおすすめします。

 

トライアルセットがある

毛穴レスの肌にはお手入れを継続することが大切なので、収れん化粧水の選び方はまず、費用対効果の高いものを選ぶことが大切です。
そして上述したようにアルコール成分などお肌に負担となるケースもあるので、お試しができるトライアルセットなどを利用して、自分の肌に合うのかを確認することが望ましいです。

 

どんなに良いとされる化粧水も肌質によっては合わないということもありますので、試せる化粧水はしっかりとお試しをしましょう。

 

収れん化粧水の使い方

収れん化粧水を使う時のポイントは二つあり、

  • 通常のスキンケアを行った後に付けること
  • コットンを使用して気になる箇所に付ける

以上を踏まえて使用しましょう。

 

収れん化粧水を付ける手順とポイント

  1. 洗顔を行う
  2. 化粧水・乳液・クリームを付ける
  3. コットンに収れん化粧水を染み込ませる
  4. テカりや毛穴が気になる箇所にこすらないようにパッティング
  5. ひんやりと肌に馴染むまで優しくパッティングをする

 

洗顔後に普通の化粧水、乳液やクリームなどで肌を整えます。
その後、コットンにたっぷりと収れん化粧水を含ませて、皮脂が気になる部分に優しくパッティングして毛穴を引き締めます。
毛穴の開きや、テカリなどが気になる部分にはしっかりとパッティングし、ひんやりとするまで繰り返します。

 

さらに、毛穴のたるみが気になる方は、洗顔後に収れん化粧水を使用し、その後普通の化粧水、乳液やクリームなどでお手入れすると良いといわれています。
この場合は、アルコールフリーの化粧水を選ぶのが理想的です。

 

 

毛穴の引き締めに役立つ収れん化粧水ですが、毛穴が開く、皮脂が多いというのは肌の乾燥によって起きている場合があります。
収れん化粧水を使うことを日常化してしまう前に、根本的な肌の乾燥対策のスキンケアを見直すことも毛穴ケアのために収れん化粧水を使って失敗したとならないポイントです。


 

大人女性の毛穴・乾燥の悩みにおすすめの1本!

グラングレースローション

 

グラングレースローション

トップへ戻る