クマ予防のための化粧水選びとスキンケアのポイント

目元は日々の生活習慣やお肌の疲れが出やすい箇所でもあり、クマはその中でも目立つ気になるお悩みですよね。
クマの種類にはいくつか種類がありますが、その中で年齢と共に表れやすい茶クマと黒クマは実はくすみやたるみが原因になっているケースが多いです。

 

こちらではそんな気になるクマを予防するための化粧水・基礎化粧品の選び方とそれぞれのクマのケアポイントをご紹介します。

 

 

クマの種類とケア方法

クマの種類には主に青クマ・茶クマ・黒クマの3つが一般的です。
これらはそれぞれ原因が違いますので、解消を目指す場合には自分のクマの症状がどれに当てはまるのかをチェックする必要があります。

 

青クマ

青クマは目の下が暗めの青い色のクマで、目の下の皮膚を下に軽く引っ張って少し色味が薄くなる場合は青クマの可能性が高いです。
原因の多くは睡眠不足や目の疲れによって目の周りの血行が悪くなった時に表れやすく、生まれつき目元の皮膚が人よりも薄い場合などでも目立ちやすいクマの種類です。

 

茶クマ

茶クマは色味が暗い肌の色になり、目の下の皮膚を下に軽く引っ張っても色味が変わらない場合が茶クマの可能性が高いです。
原因として考えられるのが、目元のこすりすぎ(癖やクレンジング・洗顔・メイクなど)によって色素沈着を起こしている場合、もしくは日焼けなど紫外線によって起きやすいです。

 

黒クマ

黒クマは影のように黒く目立つクマで、鏡を持ち上を向いた時にクマが薄くなる場合は黒クマの可能性が高いです。
黒クマは年齢による目元の皮膚にくぼみができたり、たるみによって影が出来ている状態です。

 

元々涙袋が大きい方、むくみが起きやすい方も黒クマができやすいと言われています。

 

日々のスキンケアによって症状が和らぐ可能性があるのが、茶クマと黒クマの二つです。対して青クマは外側のケアよりも体の内側のケアや生活習慣の改善によって和らぐことが多いです。

 

茶クマのスキンケアポイント

茶クマは外部からの影響によって目の下の肌が色素沈着を起こしている場合が多いので、まずは目元に負担をかけないケアを意識する必要があります。
特にクレンジングでアイメイクを落とす時にこすっている、つい力が入ってしまうという方は使用しているクレンジングを変えてこすらずに落とせる洗浄力やテクスチャーを選ぶことをおすすめします。

 

また、洗顔でも同様に泡立ちが良くない、もしくは泡立て不足のまま洗っているという方はしっかりと泡立てを行い肌への摩擦を減らしましょう。

 

目元は乾燥を招きやすいので基礎化粧品だけでなく、プラスワンでしっかりと保湿を行いターンオーバー促してメラニンの排出を促しましょう。

 

茶クマ予防・対策におすすめの化粧水選び

色素沈着を起こしている茶クマには美白化粧品などのメラニンの排出を促す、メラニンの生成を妨げる働きが期待できる成分が含まれた化粧水を使って予防・解消を目指すのがおすすめです。

 

化粧水ではビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸などがあります。

 

茶クマ予防・対策のおすすめの化粧水3選

アスタリフトホワイトの特徴
化粧水には美白成分アルブチンを配合し、さらに抗酸化成分アスタキサンチンとリコピンといった赤のパワー成分を配合した化粧水です。
さらに3種のサイズが違うコラーゲンやヒアルロン酸を配合するなど、化粧水でしっかりと美白成分と保湿成分を届けて美白ケアの道筋を作ってくれます。

トライアルセットでは美白美容液やクリームもお試しできますので、ナノ化技術による浸透力と美白有効成分の働きをしっかりとお試しできるお得なセットです。
価格
1,000
評価
評価5
備考
美白トライアルキット

b.glen(ビーグレン)の特徴
色素沈着を起こしている肌のブライトニングケアをサポートするビタミンC誘導体を配合した化粧水です。

ビ―グレンのシリーズはハイドロキノンが配合されていることで知られており、できてしまったシミ対策の化粧品として人気があります。

ただし、化粧水や美容液に配合されているビタミンC誘導体や高濃度のピュアビタミンなどは肌のターンオーバーやシミの還元作用が期待できる他、抗酸化力も高い成分ですので、茶クマができた肌のターンオーバーサイクルを整えるのにも役立ちます。
価格
1,800
評価
評価5
備考
7日間トライアルセット

 

黒クマのスキンケアポイント

黒クマは目元の肌を支える筋力や肌自体がへこむようにくぼんでしまうことで表れやすいため、筋力アップを目指しながら皮膚を支える真皮層のコラーゲンをサポートして弾力を高めることが大切です。

 

目元のエクササイズでは

  1. 目をゆっくりと閉じ、閉じた後にさらにギュっと目を閉じる
  2. 約5秒ほどキープ
  3. 少しづつ力を抜いていく
  4. 眉毛を引き上げそのまま指で眉毛を抑える
  5. 目を可能な限り開き、5秒キープ
  6. そのままの状態から下まぶたを持ちあげるようにして目を閉じます。

というような目元の筋力を鍛えるエクササイズを一日1回から2回行います。

 

黒クマ予防・対策におすすめの化粧水選び

また化粧水や基礎化粧品でのケアはコラーゲン強化を重視した成分を配合したものを選びます。
通常のコラーゲンではなく、化粧品ではコラーゲンの生成に働きかける成分を配合しているというのがポイントです。

 

ビタミンC誘導体・アミノ酸・レチノールなどがあります。

黒クマ予防・対策のおすすめの化粧水2選

ハーベリーアースストーリー葡萄樹液ジェルの特徴
世界初の葡萄樹液エキスを配合したオールインワン化粧品です。
主成分の葡萄樹液はハリ不足を起こしているお肌のコラーゲンをサポートする働きが期待できるのが大きな特徴です。
栄養価も高く、アミノ酸やビタミン、フルーツ酸、ミネラル、糖類などを含みお肌に潤いと栄養を与えてくれます。
価格
5,110
評価
評価5
備考
120ml 約2カ月分

透輝の滴の特徴
透輝の滴は海洋深層水(沖縄糸満沖深度1400m)を使用した化粧水でさらにコラーゲンの生成に関わるグロースファクターを配合した本格エイジングケア基礎化粧品の化粧水です。

EGFに加えてFGF・TGF・HGF・IGFなど肌の活性化させながら潤いやハリ、肌の透明感をサポートしてくれます。

医学雑誌にも掲載された認定製品でもあり、エステサロン発のこだわりを感じられる化粧水です。
価格
3,780
評価
評価5
備考
10日間輝きセット
トップへ戻る