顔の粉吹きやまぶた・口元の気になる乾燥の原因と対策法

乾燥肌だけでなく、季節や生活環境の中で肌がカサつくことってありますよね。
ひどくなると顔が粉を吹いてしまったり、皮膚が薄いまぶたなどの目元、そして口元など顔の中でも乾燥を感じやすい箇所があります。

 

こちらでは顔の乾燥を招きやすい原因と対策方法についてお伝えします。
顔の粉吹きや目元・口元の乾燥が気になる方はチェックしてみてください。

 

 

顔が乾燥する原因と種類

顔の乾燥には主に2つの種類があり、元々の肌質やスキンケアが原因の乾燥季節や生活環境による乾燥があります。

 

肌質やスキンケアが原因の乾燥

元々の肌質やスキンケアが原因の乾燥は日々のクレンジングや洗顔の影響やメイクの仕方、お手入れの仕方によって乾燥を招いているケースが多いです。
特にクレンジングや洗顔は肌の保湿を担っている皮脂と肌に存在している保湿成分まで落としてしまいやすいです。

 

このやりすぎや間違ったクレンジング・洗顔は肌のキメを保つのにも働くセラミド不足にも影響し、顔の乾燥を招きやすくなります。
また、睡眠不足や偏った栄養バランスなどは健康的な肌を作るのに悪影響を与え、結果的に十分な量の保湿成分が蓄えられないことも原因になります。

 

乾燥肌でお悩みの方におすすめの化粧水はこちら

 

季節や生活環境が原因の乾燥

対して普段は乾燥肌ではないのに、季節によってカサつきを感じるということがあります。
これは秋や冬の気温が下がり空気が乾燥した季節によって肌の血行が滞ることで皮脂の量が減る、そして空気が乾燥している為水分が蒸発しやすくなるといった状況が乾燥を招く原因です。

 

さらにお部屋も暖房を使用することで乾燥しやすくなり、皮脂量が減ることと角質のキメが乱れることで水分を留めておく力が弱まります。
そのため、普段と変わらない生活やスキンケアをしているのに肌のカサつきを感じるようになるというわけですね。

 

このタイプの乾燥も普段と変わらないクレンジングや洗顔をしていることで肌から皮脂や保湿成分が失われやすくなってしまいますので、いつもよりも丁寧に、スキンケアも保湿を重視した基礎化粧品を取り入れることも大切です。

 

顔の粉吹きの原因と予防方法

冬や肌の乾燥が進むと顔に粉吹きが出ることがあります。
この顔の粉吹きは肌の角質層の粉です。本来、落ちるべきではないタイミングで剥がれてしまっている状態で乾燥によって皮膚が剥がれ落ちやすくもろくなっている時に表れやすいです。

 

肌の角質は保湿だけでなく、外部からの刺激や細菌、異物、紫外線から守るための役割を果たしているバリア機能でもありますので、粉吹きを起こしている肌は正常な役割を果たせていない危険な状態でもあります。

 

原因として考えられるのが乾燥を招く要因でもある

  • 血行不良(冬の気温による影響など)
  • 栄養不足・偏り(肌のターンオーバーの際の健康的な肌を作る栄養が不足)
  • 乾燥を招くスキンケア(クレンジング・洗顔など)
  • お部屋環境の影響

これらは肌を内側から支える皮膚の細胞を作る、もしくは保つのにも影響するため、特に冬などの乾燥しやすい季節は注意が必要です。

 

顔の粉吹きを予防・解消する方法は?

顔の粉吹きは肌の乾燥とターンオーバーサイクルの乱れが大きな原因です。

 

スキンケアを見直しましょう

乾燥を招きやすいクレンジングや洗顔の方法はもちろんですが、冬は寒いこともあり、顔をすすぐ時の水の温度が高すぎることがあります。
この水の温度が高すぎると皮脂を落としすぎてしまうことになりやすいので、注意しましょう。

 

さらにいつものお手入れに保湿クリームなどをプラスしてよりしっかりと肌の油分と水分のバランスを保つことに気を配ります。

 

生活習慣・環境を見直す

お肌の血行不良や栄養不足に繋がりやすい食生活や睡眠時間を見直しましょう。
特に冬は運動などをする機会も減りやすくストレスも溜まりやすいので、適度な運動と肌を作るための栄養補給を心がけましょう。

 

まぶたが乾燥する原因と対策

まぶたは顔の中でも皮膚が薄いだけでなく、皮脂の量が少ないためちょっとした摩擦や負荷で乾燥を招きやすい箇所です。
メイクの面でも濃いアイメイクなどをすることがあり、クレンジングや洗顔による影響を受けやすいです。

 

また紫外線の影響による乾燥も受けやすいです。

 

まぶたの乾燥対策の基本

まぶたの乾燥を防ぐにはやはり毎日のクレンジングによる影響を減らすことと、日中に乾燥が気になる時の保湿ケアです。

 

クレンジングではアイメイクを落とす場合、ベースメイクと同じクレンジングを使用するのではなく、ポイントメイク専用のリムーバーを使用し、コットンをまぶたに乗せて馴染ませ、こすらないように注意しながら落とすことを意識します。

 

忙しいとついこすって落としてしまいがちですが、この一手間をするかどうかで随分違いが出てきます。

 

日中の乾燥ケアは目元用のアイクリームなどで保湿を行うのがおすすめです。
化粧水や美容液も良いですが、保湿という面では油分が多く保湿力が高いクリームタイプを使用することで、手軽に保湿をすることができます。

 

口周りの乾燥の原因と対策

口周りも目元と同様に皮膚が薄く、さらに衣服や手などで知らない内に擦ってしまうなど外部からの刺激が多いため、カサつきなど乾燥しやすい箇所です。
またメイクを落とす時や洗顔時にこすってしまっているのも乾燥しやすい原因となります。

 

また、お手入れをする際も口の周りの皮膚は凹凸も多く、柔らかいため塗りムラが起きやすいことも乾燥を招く原因となります。

 

口周りの乾燥対策

口周りの乾燥を防ぐポイントは目元と同様な点が多いですが、特に普段の生活でこすってしまう瞬間を減らすことが大切です。
手で顔を触るクセがある、頬杖をつく、食後に口元を拭く時など何気ない瞬間に摩擦を起こしていることが多いです。

 

まずは普段のクセを見直してみることから始めましょう。

 

クレンジングはアイメイクを落とせるような洗浄力の高いクレンジングでベースメイクを落としていないか?洗顔時は口周りまでしっかりと泡がある状態で洗えているか?など、に注意しましょう。

 

普段のお手入れでは、化粧水・乳液に加えて、保湿力が高いクリームをプラスする、もしくは化粧水と乳液の間に美容液をプラスするなど、保湿力が弱まった口周りの肌に保湿成分を届けて肌の潤いを高めるのがおすすめです。

 

冬の乾燥が気になる方向けの化粧水はこちら

 

セラミドケアにおすすめの小林製薬ヒフミドトライアルセット

小林製薬ヒフミド

 

小林製薬ヒフミド

トップへ戻る