ほうれい線の原因と対策方法・化粧水選び

ほうれい線は、よくブルドック顔、ゴルゴ線、マリオネットラインなどと称されることもある見た目を老けさせてしまう原因の一つです。

 

ほうれい線が出来てしまうと、見た目年齢を高く見られるだけでなく、メイクもしづらくなるなど気になるお悩みですよね。

 

ほうれい線は30代以降になると少しづつ目立ち始めるので、気になった時がケアのタイミングと言えますので、原因をチェックしてしっかりと対策を取りたいお悩みです。
こちらではほうれい線の原因と対策を行う時のポイント、日々のお手入れに使う化粧水選びについてお伝えします。

 

 

ほうれい線ができる原因とは?

ほうれい線ができる主な原因として挙げられるのが

  • 肌の弾力の低下によるたるみ
  • 表情筋の衰えによるたるみ
  • 体重増によって顔にも脂肪が付きたるむ
  • 乾燥による小じわ

これらが一般的に多いほうれい線ができやすくなる原因と言われています。

 

肌の弾力の低下によるたるみ

肌の奥にある真皮層のコラーゲンやエラスチンといった成分が減少することによってたるみを招きやすくなります。
年齢による生成スピードの低下、紫外線などによるダメージによってハリが失われやすくなります。

 

表情筋の衰えによるたるみ

顔の表情を支える表情筋も年齢によって衰えやすくなると言われています。また、普段、あまり表情を崩さない、同じような表情でいる、固い食べ物を食べないなどが影響することで、より表情筋が衰えてしまいやすくなり、肌を支える力が低下したるみやすくなります。

 

体重増によって顔にも脂肪が付きたるむ

体重が20代の時と比べて増えてしまったという方は多いですが、この体重増によって肌の下に脂肪が付き、その重さで頬がたるんでしまう場合があります。
また、むくみなどもほうれい線に繋がりやすいため、体の外側からのケアだけでなく、内側のケアも大切です。

 

乾燥による小じわ

肌の水分量が少なく慢性的に乾燥している状態は角質層の柔軟性が失われてしまい、外部からの負荷から元に戻らずにシワとして残ってしまいやすくなります。
また、水分量が保たれていて柔軟な角質は外部からの刺激から肌や真皮層を守るクッションの役割もあり、乾燥によって機能が保たれていないと角質層だけでなく真皮層にも負担がかかり小じわから深いほうれい線になってしまうことが多いです。

 

ほうれい線を消したい・薄くするための対策方法

ほうれい線を消す、薄くするためには上述したような原因を一つ一つ消していくことが基本です。
様々なケア方法がありますが、一般的なのが

  • 顔の筋肉をほぐす
  • エクササイズで顔の表情を動かし鍛える
  • 保湿ケアで乾燥を防ぐ
  • 紫外線対策

これが基本と言えます。

 

顔の筋肉をほぐす

普段、あまり人と会う機会がなく、無表情でいる時が多い、もしくはあまり顔の表情を動かさずに話すくせがある、他にも頬杖をつく癖があるなど顔の筋肉が一定の動きしかできずに固くなってしまい、肌を引き上げる力も衰えやすくなります。

 

エクササイズなどの前に一日の始まりと終わりに顔の筋肉をほぐすことで柔軟性をアップさせることができます。

 

顔の筋肉をほぐすマッサージ

ほうれい線周りの筋肉は口角を上げる際に使う小頬骨筋と大頬骨筋の二つの筋肉を刺激しながらマッサージを行うのがポイントです。
この二つの筋肉は口角から目の下あたりを結んでいる筋肉ですので、頬を引き上げるのにも重要な役割を果たしています。

  1. 両手の親指を口の中に入れて歯ぐきと唇の間に置きます。
  2. 人差し指と中指で外側から挟むように抑えます。
  3. 上唇からゆっくりと目の下まで下から上へと回すように揉んでいきます。

入浴時や朝の洗顔前などのタイミングで清潔な手で優しくほぐしてあげることで柔軟性も高まりますし、血行も良くなるのでおすすめです。

 

エクササイズで顔の表情を動かし鍛える

顔の柔軟マッサージが終わったらエクササイズを取り入れて筋肉を刺激してあげるとより柔軟性を取り戻し鍛えることができます。
おすすめはネットなどでも話題となっているベロ回し体操が簡単です。

 

ベロ回し体操

  1. 口を閉じた状態で舌を上の歯ぐきと唇の間に入れます。
  2. そのまま口の中に沿ってゆっくりと回していきます。
  3. 唇やほうれい線部分を伸ばすようなイメージで押しながら舌を回すのがポイントです。
  4. これを左右20回づつ行います。
  5. 1日3セットくらいが目安です。

ポイントはゆっくりとじわーっとシワや肌を伸ばすイメージで行うこと、早く回してしまうと舌が疲れたり痛くなったりするので、ゆっくりじっくりがポイントです。
口を閉じて舌だけでできるので、家事やテレビを見ている時など、ながら体操ができるのが良いですね。

 

口周りを動かすエクササイズ

ベロ回し体操が終わったら、一緒に口周りの筋肉を動かすエクササイズも取り入れてみましょう。
やり方は簡単で、あ・い・う・え・おの口の形を大きく行いキープするというもので、各動きを10秒くらいづつキープして顔の普段動かせていない筋肉を刺激します。
大きな口を開けて「あ」の形で10秒
口をしっかりと横に引いて「い」の形で10秒
唇を前に突き出すように「う」の形で10秒
下顎を引くように広げて伸ばすように「え」の形で10秒
口周りのシワを伸ばすようにすぼめて「お」の形で10秒
やってみるとわかるのですが、顔がじんわりと温かくなります。普段刺激されていない筋肉を動かし伸ばすことで血行が良くなるので、朝のエクササイズとして行うことで表情にも違いが出ます。

 

保湿ケアで乾燥を防ぐ

肌の乾燥は小じわにも繋がりやすく、弾力性にも影響しますので、乾燥しがちな方はしっかりと基礎化粧品での保湿ケアを行うようにしましょう。
特にほうれい線周りは化粧水や美容液・乳液や保湿クリームが上手く塗れなかったり塗りムラもできやすく、表情の動きで長く保湿ができない場合があるので、日中でも気になった時にはクリームなどで保湿を行う習慣付けがポイントです。

 

お仕事をされている方はメイクを直すタイミングで保湿ケアをプラスすることで、乾燥を穏やかにできます。

 

紫外線対策は忘れずに

紫外線による影響はシミだけでなくしわやたるみにも繋がると言われています。それはコラーゲンやエラスチンがある真皮層にまで届きダメージを与えてしまうためで、この影響によって肌自体の水分量も低下しやすく、弾力性が失われてしまいます。

 

日々の紫外線対策の中でもちょっとしたゴミ出し、休日のちょっとしたおでかけといった、うっかり日焼けをしやすいタイミングもしっかりと日焼け止めを塗る、化粧下地でカバーするといった習慣が大切です。

 

ほうれい線対策のための化粧水選びのポイント

ほうれい線を消す、薄くするための化粧水選びのポイントは

  • ハリをサポートする潤い・保湿ケア
  • コラーゲンの生成に働きかけるビタミンC誘導体などの成分

この二つを基本として選ぶのがおすすめです。

 

肌のハリを保つ、アップさせるには角質層の潤いをアップさせて乾燥を防ぎながら、コラーゲンの生成や肌のターンオーバーを促すビタミンC誘導体やレチノールといった成分を配合した化粧水・基礎化粧品で集中的にケアを行うことがポイントになります。

 

ほうれい線対策のおすすめ化粧水3選

こちらでは肌の弾力アップ・コラーゲンをサポートする働きなどハリを実感させてくれると評判のほうれい線対策にもおすすめの化粧水をご紹介します。

 

 

ハーベリーアースストーリー葡萄樹液ジェルの特徴

世界初の葡萄樹液を配合したオールインワンタイプのジェルです。

完全国産山梨県の葡萄樹液のエキスには天然のアミノ酸、フルーツ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷりと含まれています。
また、この樹液は1年の中で14日間しか採れない希少なエキスでもあり、天然の恵みをたっぷりと濃縮しているのが特徴です。

さらに葡萄樹液の天然成分は肌自体の栄養源となり、コラーゲンを生み出す力をサポートするという結果(ニコダームリサーチ調べ)があり、さらにお肌の潤いを160%アップさせるという結果(アメリカCPT調べ)も出ています。

そのため、肌の潤いを高めながらコラーゲンのサポートにも良いということもありハリ不足や年齢によるシワやたるみが気になる方のケアにおすすめされています。

価格 5,110円⇒初回限定4,600円
評価 評価5
備考 120ml 約2カ月分
 
 

ほうれい線,原因,対策,年齢肌,シワ,化粧水,選び方

アスタリフト ベーシックの特徴

ナノ化技術によって浸透力を高めアスタキサンチンを配合し若々しい肌作りをサポートしてくれるアスタリフトのベーシックスキンケアラインの化粧水です。

化粧水にはアスタキサンチン、リコピンといった抗酸化力が高い成分に加えて、3種のサイズが違うコラーゲンを配合することで肌を段階的な潤いと保湿ケアを行ってくれます。

瑞々しいつけ心地が好評で、肌に付けるとスッと馴染むので続けていくうちに肌のしっとり感が高まります。

キメが荒れて乾燥しやすいという方にもおすすめです。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 5日間トライアルセット 送料無料
 
 

アテニア・ドレスリフトの特徴

ほうれい線のお悩みに多い表情によるシワやたるみに着目したアテニアのエイジングケアシリーズです。

ポイントは弾力を高めるだけでなく、表情の動きをサポートする二つのハリにアプローチする発酵コラーゲンとクイーンシードエキスを配合、メリハリのある肌作りを強力にサポートしてくれます。

年齢を重ねて行くうちに感じる顔の印象がぼやけたようなたるみ感をキュっと引き締めるように肌に潤いと弾力を与えてハリを感じさせてくれるのが魅力です。

トライアルセットには日中用美容液と夜用保湿クリームがセットになっていて日中の乾燥や寝ている時の肌の再生をサポートしてくれるアテニアの24時間時計美容の良さをお試しできます。

今なら、くすみケアの人気クレンジングも付いてくるのでとてもお得です。

価格 1,500円
評価 評価5
備考 14日間トライアルセット 送料無料 2週間返品保証
 

関連ページ

化粧水パック・おすすめシートマスク情報
化粧水を使ったパックの魅力ややり方のご紹介と合わせて簡単に化粧水パックができるおすすめシートマスクをご紹介しています。
人気の美肌パックをご紹介
美肌作りのスキンケアをサポートしてくれるおすすめのパック情報をやり方や美肌効果を交えてご紹介しています。
乾燥小じわ・気になる目元・口元のしわ対策
年齢と共に乾燥などが原因で表れる小じわは老けて見られる原因の一つでとても気になりますよね。こちらでは乾燥小じわケアや目立ちやすい目元・口元のしわ対策のポイントをご紹介しています。
クマ予防のための化粧水選び
目元の気になるクマを予防するための化粧水選び方と化粧水や基礎化粧品によるケアが効果的なクマの種類をケアのポイントと共にご紹介しています。
肌荒れしている方向けの化粧水選び
季節や体調によって肌荒れを起こしている時にも使いやすい化粧水の選び方とおすすめのスキンケア情報をご紹介しています。
おすすめの美容オイル特集
日々の乾燥対策にも役立つおすすめ美容オイル情報をご紹介しています。プロの美容家も絶賛する注目の美容オイルで肌の潤いを守りましょう。
アロエベラジェルの美肌効果と使い方
植物由来エキスの保湿成分としても有名なアロエベラから作られたアロエベラジェルの美肌効果と使い方をお伝えしています。
美肌作りに役立つキャリアオイルの魅力
精油を希釈するための植物油であるキャリアオイルの美肌作りに役立つ魅力や効果を特徴や一般的に知られる種類を交えてご紹介しています。
顔の乾燥の原因と対策法
顔の粉吹きや乾燥しやすいまぶた・口元など顔の乾燥を招く原因と対策方法に関する情報をご紹介しています。
冷感スキンケアの効果と使い方・化粧品の種類
夏の肌をサッパリとクールダウンしてくれる冷感スキンケアの肌への効果や使い方、化粧品の種類について解説しています。
コエンザイムQ10の効果とスキンケアへの取り入れ方
アンチエイジングの分野で注目されているコエンザイムQ10の美肌作りや健康的な体作りに役立つ効果について解説しています。合わせてスキンケアへの取り入れ方もご紹介しています。
スチームクリームとは?魅力と美肌効果、使い方
可愛いデザインの缶が特徴的なスチームクリームの魅力、スキンケアに役立つ効果と使い方をお伝えしています。
美肌を作るのに欠かせないビタミンB1が多い食品
健康的な肌を作るのに欠かせないビタミンB群のひとつビタミンB1が多く含まれている食品をご紹介します。
ハトムギ化粧水の魅力と美肌効果とは?
気軽に購入しやすいのにスキンケア効果が高いと評判のハトムギ化粧水の魅力と美肌作りに役立つ効果について解説しています。
韓国の美肌美人を支える韓国コスメの魅力とは?
美容大国とも言われる韓国の女性は美肌美人が多いですよね。これは単に美容整形だけでなく、彼女たちが使用する韓国コスメもポイントとなっています。そんな韓国コスメの魅力についてお伝えします。
秋枯れ肌とは?肌のトラブルの種類と対策方法
夏が終わって肌もストレスやダメージが蓄積しています。そんな肌への負担は様々な肌トラブルとなって表れやすくなります。こちらでは秋枯れ肌の特徴と対策方法をご紹介しています。
収れん化粧水の選び方
ひんやりとしたつけ心地で毛穴の引き締めにも役立つと言われている収れん化粧水選びで失敗しないための選び方について解説しています。
無印良品の化粧水が人気の理由は?
プチプラコスメの中でも人気が高い無印良品の化粧水が人気の理由について特徴や使い心地、成分を交えて解説しています。
はちみつ洗顔・パックで滑らかな素肌作り!
はちみつを使った洗顔・パックなどのスキンケア情報をご紹介します。はちみつの美肌作りに役立つ成分と共にはちみつ洗顔のやり方をチェックしましょう。
精製水でスキンケアをより自分好みに!
化粧水のベースにもなる精製水は自分好みのスキンケアに大活躍してくれます。スキンケアへの取り入れ方とその効果をご紹介します。