アンチエイジングの味方!コエンザイムQ10の効果とスキンケアへの取り入れ方

昨今、主に健康的な体作り、若々しさを保つアンチエイジングの分野で注目を集めている、コエンザイムQ10はサプリメントなどの健康食品だけでなく、スキンケア化粧品などの分野でも見かけるようになりました。

 

美容に良い、健康に役立つというイメージですが、実際のコエンザイムQ10の働きや効果などはいまいちよくわからないという方も多いと思います。
こちらではコエンザイムQ10の基礎知識と共に健康や美容面への効果とスキンケアに取り入れる方法や製品の選び方についてお伝えします。

 

 

コエンザイムQ10の基本

コエンザイムQ10(ユキビノン)は元々私達の体の中で作られている成分でもあります。
私達の体の細胞のミトコンドリアの中にある補酵素で、ミトコンドリアがエネルギーを生み出す酵素を助ける役割を担っているオレンジ色の物質です。

 

そのため、生きる上で必要となるエネルギーを作りだすのにも重要な役割を果たしている成分と言われています。

 

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10の大きな特徴でもあるのが、抗酸化作用です。
体の老化を進めてしまう物質に活性酸素がありますが、日々の生活の中でストレスや紫外線、運動など普通に生活をしているだけでも発生している物質です。
この活性酸素は体を錆び付かせてしまう酸化を招き体の細胞を老化させていきます。

 

コエンザイムQ10はこの活性酸素を除去する抗酸化作用が備わっていることから若々しく健康的な体作りに役立ち、アンチエイジングの分野で注目されています。

 

一般的にコエンザイムQ10の効果や働きとして知られているのが、疲労回復を助ける、肌を若々しく保つ美肌作りのサポートなどが挙げられます。

 

疲労回復を助ける効果

コエンザイムQ10はエネルギーを作り出すのにもかかわっており、運動などでも発生する活性酸素の除去や運動中の持久力を高めるといった働きが報告されています。

 

肌を若々しく保つ美肌作りのサポート

コエンザイムQ10による抗酸化作用は年齢によって増えお肌のお悩みに対しても役立つことが分かっており、若々しさを保つのにも有効だとされています。

 

例えば、シワは、皮膚の奥の真皮にある、コラーゲンなどの線維や粘液成分が衰えた結果、肌の表面にあらわれます。

 

コエンザイムQ10は、もともと体内に存在していて体内で重要な働きをしていますが、、年齢を重ねたり、ストレスや紫外線などで活性酸素が蓄積することで減少してしまいます。そして、皮膚の細胞が衰えて酸化し、肌のハリやツヤが失われるといわれています。

 

コエンザイムQ10には、抗酸化作用と細胞のエネルギーの生産を高める働きがあるため、真皮でのコラーゲンの合成を促進する働きがあると考えられています。

 

他にも医療分野では心臓にまつわる疾患の薬としても用いられてきた他、予防にも役立っている成分です。

 

コエンザイムQ10の摂り方

コエンザイムQ10を外部から摂るための方法には

  • 動物性・植物性の食品からの摂取
  • サプリメントなどの経口摂取
  • 化粧品などによる外部から塗る使い方

以上が基本的です。

 

動物性・植物性の食品からの摂取

コエンザイムQ10は食事から摂るのが基本です。実際には多くの食材に含まれていて、牛肉や豚肉、鶏肉、魚介類ならイワシやサバ、サケといった種類に含まれています。また野菜にも含まれていてキャベツやホウレンソウ、ブロッコリー、ジャガイモ、さらには豆腐などの大豆製品などにも含まれているので身近な食材からでも摂取可能です。

 

また、熱にも強い成分なので、調理方法が幅広く対応できるため、炒めるなどビタミンが得意ではない加熱調理でも摂ることができるのも特徴です。

 

サプリメントなどの経口摂取

食事の他でコエンザイムQ10が摂りやすいのはサプリメントなどで摂る経口摂取です。
多くの食材を食べなくても、十分な量を含んだサプリメントは現代人の生活スタイルにも合っているため人気があります。
コエンザイムQ10は、継続して飲むことで肌の変化が表れると言われています。

 

コエンザイムQ10サプリには酸化型・還元型という2つが一般的です。

  • 酸化型:低コストで作れるが体の中で還元型に変わることで初めて作用するため、効率が悪い点がある
  • 還元型:酸化型のように還元型へ変換する必要がなく、サプリメントで摂る場合の効率が良いと言われているが、その分コストが高くい場合がある

この二つの他に包接体と呼ばれる吸収されやすい工夫が施されているタイプもあります。

 

サプリメントで摂る場合の摂取量の目安は一般的に30〜300mgと言われていますが、安全性が極めて高い成分ということから、医薬品のように上限量が定められていません。

 

ただし、一般成人が健康維持のために飲む量は30〜100mg程度でも十分だと言われており、スポーツなどをする方などはこれよりも多く摂るという傾向にあります。
コエンザイムQ10は年齢と共に減少していきますので、年齢に合わせて量を増やしていくというのが良いですね。

 

ただし、安全性は高いものの妊娠中や薬を飲んでいる方は避けることが勧められていて、上限が定められていない分過剰摂取には注意が必要となります。

 

化粧品などによる外部の塗布

最近では化粧品にもコエンザイムQ10が配合されていることが増えてきましたが、コエンザイムQ10配合の化粧品を肌に塗ると、表皮のエネルギーの生産が高まり、肌のターンオーバーが促進され、ハリや弾力のある美肌作りに役立つとされています。

 

また、紫外線などによる活性酸素から守る抗酸化作用はアンチエイジングの分野では人気が高いです。
入浴後など肌が温まっている時に、マッサージしながら塗ると、浸透力が良くなって吸収力が高まるといわれています。

 

コエンザイムQ10をスキンケアに取り入れるには?

基本的にはサプリメントなどの体の内側からの摂取が含有量も多く、毎日続けて飲み体に補うことで、健康的な肌作りをサポートしてくれます。

 

また、肌の気になるポイントに直接塗ることができる化粧品での塗布は体全身ではなく、直接肌に作用するため、効率が良い点があるので、若々しい体作りと肌を目指すのにコエンザイムQ10をスキンケアに取れ入れる場合はお肌のお悩みがあるという時には化粧品での塗布、元気な体作りも一緒に行いながら美肌作りをサポートしたいという時にはサプリメントでの摂取がわかりやすいかもしれません。

 

ただし、化粧品には様々な成分が含まれており、コエンザイムQ10を高配合しているとは限りません、また、コエンザイムQ10は油溶性のため、化粧水などの水分が多い化粧品よりも、美容液やクリーム・ジェルといった油分が多い化粧品の方が配合量が多い傾向にあるので、化粧品で取り入れる際には保湿クリームやジェルタイプをおすすめします。

 

健康にも美容にも役立つコエンザイムQ10で体の内側と外側からキレイを目指してみてはいかがでしょう?

 

おすすめ化粧水TOPランキング

 

 

コエンザイムQ10,効果,化粧品,取り入れ方

トップへ戻る