美肌作りに役立つキャリアオイルの魅力

キャリアオイルは植物から抽出された植物油のことを指し、一般的には精油を希釈(適切な濃度に薄める)する際の基材として使用されるオイルです。
キャリアオイルと聞くと特別なものに感じますが、実は私達も良く知る植物油が多く、使い方次第で様々な美肌作りに役立つアイテムにもなります。

 

こちらではそんなキャリアオイルの魅力や特徴をお伝えします。

 

 

キャリアオイルの魅力と特徴

キャリアオイルは精油などとブレンドすることで、馴染みを良くし、使い心地をアップさせるのに用いられるため、スキンケアアイテムやアロマオイル、トリートメントなどにも使用されています。

 

キャリアオイルの効果

また、キャリアオイル自体が栄養成分を含んでいるものが多く、肌を美しく保つための成分や、リラックス効果、皮膚の炎症を緩和するなど原料によって様々な働きを持っています。

 

キャリアオイルの主な種類

キャリアオイルには主に37種類ほどが有名で知られています。
こちらではその中から、私達が目にしたことがあるキャリアオイルをご紹介します。

 

  1. アルガンオイル:ビタミンEが豊富に含まれていてエイジングケア化粧品に配合されることも多いオイル
  2. オリーブオイル:もっとも知られているキャリアオイルの一つでクレンジングや洗顔料、美容液などにも使用され、栄養価も高い
  3. オリーブスクワラン:オリーブオイルから抽出されたオイルで人の皮脂に近い働きを担うことから保湿剤にも使用
  4. グレープシードオイル:潤いを与えて柔軟性を生むエモリエント効果や引き締め効果などが期待できることからボディケアやエイジングケア化粧品に配合されることが多い
  5. ココナッツオイル:石けんの保湿成分として配合されることが多いオイルでラウリン酸を天然で含んでいるのが特徴
  6. サンフラワーオイル:肌に潤いを与えながら柔軟性を与える働きがありマッサージオイルなどに使用される
  7. スイートアーモンドオイル:豊富なビタミンEを含んでいることからエイジングケア成分としても知られています。保湿や抗炎症作用も期待できるオイル
  8. ホホバオイル:美容オイルとしても知られるオイルでスキンケアだけでなくヘアケアにも用いられます。

 

これらはそれぞれ使い方や取り入れ方が違いますが、基礎化粧品やクレンジング、洗顔、マッサージオイルなどの原料としても使われることが多いです。
中でもビタミンEを多く含んだキャリアオイルはエイジングケアの面で使用されることが多いです。

 

キャリアオイルの使い方

キャリアオイルのスキンケアへの取り入れ方

キャリアオイルは普段のスキンケアにプラスする使い方が一般的です。
洗顔をした後にお手入れまでの時間がある時の保湿用や、化粧水を付けた後にキャリアオイルを肌に馴染ませることで美容成分を届けながら保湿をサポートしてくれます。

 

乾燥が気になる箇所のみにプラスすることでべたつきが苦手な方にも使いやすいです。

 

キャリアオイルはヘアケアにも使える

キャリアオイルは髪や頭皮につけることで乾燥から守る保湿剤として、またドライヤーの熱からキューティクルや頭皮を守るのにも役立ちます。
パサつきが気になる季節のヘアケアアイテムとしておすすめです。

 

また、シャンプー前に使用することで、頭皮の毛穴汚れや余分な皮脂を落とす頭皮クレンジングとしても活用できるので、入浴時のアイテムとして持っておくのも良いですね。

 

キャリアオイルでボディケア

キャリアオイルはエッセンシャルオイル(精油)とブレンドすることでボディケア用のマッサージオイルとしても使えます。
市販のマッサージオイルにもキャリアオイルが使用されていることがほとんどです。

 

ローズ精油などとブレンドすることでリラックス効果を高めてストレスケアにも役立ちます。

 

キャリアオイルは食事にも使える

キャリアオイルの中には食事用としても使われているオイルが沢山あります。
オリーブオイルは有名ですが健康的な体作りにも役立つオイルが多いです。

 

キャリアオイルの選び方と使用の注意点について

様々な分野で活躍しているキャリアオイルですが、使用するオイルによっては使い方に注意が必要です。
というのも元々顔などに使用可能な化粧品使用を目的としているタイプと食用タイプでは内容に違いがある場合があり、人によっては肌荒れを起こしてしまうこともあるので、購入前に使用方法の確認をしましょう。

 

また、植物が原料ですので、人によってアレルギー反応が出る場合がありますので、必ずパッチテストは行うようにしましょう。

 

おすすめ化粧水TOPランキング

 

 

キャリアオイル,魅力,効果,特徴,種類

トップへ戻る