自宅でできる人気の美肌作りパックをチェック!

美肌を作る、保つためには通常のスキンケアだけでなく、集中的な保湿ケアや美容ケアも外せませんよね。
美肌作りにはパックも欠かせない美容法の一つです。

 

化粧水パックは手軽に行いやすいパックの一つですが、他にも美肌作りに役立つアイテムを使ったパックは沢山です!

 

こちらでは化粧水パック以外で身近なアイテムながら美肌作りに役立つ口コミでも評判が良いパック情報を手順やスキンケア効果と共にご紹介していきたいと思います。

 

 

ヨーグルトパックの効果と手順

ヨーグルトには肌の保湿をサポートする作用や乳清と呼ばれる上澄みの液体に含まれるホエーによる透明感アップ作用などお肌にも嬉しい栄養がタップりと含まれているため、美肌作りのパックにもおすすめです。

 

乾燥・肌の透明感アップ・毛穴の開きといったお悩み対策におすすめです。

 

ヨーグルトパックの手順

用意するものは

  • 糖分を含まないプレーンヨーグルト大さじ2杯くらい
  • 小麦粉を大さじ1〜2杯くらい

この材料を混ぜて顔に塗っていきます。
小麦粉は顔に塗ったヨーグルトが垂れないための粘度をあげるのに役立つので、お好みのとろみに合わせて量を調節してみてください。

 

ヨーグルトパックの時間は5〜10分くらいで乾燥する前に洗い流します。
ヨーグルトにはマイルドなピーリング(角質ケア)作用もあるので、毎日ではなく、週に1度くらいのケアがおすすめです。

 

米ぬかパックの効果と手順

米ぬかは美白にも役立つ成分としても知られる美肌作りにおすすめのパックです。
さらに乾燥肌ケアにおすすめなだけでなく、肌のベタつきを抑える働きも期待できることもあり、注目されています。

 

肌のくすみなど暗い印象を感じる方、乾燥対策には特におすすめです。

 

米ぬかパックの手順

用意するものは

  • 米ぬか大さじ2杯くらい
  • 小麦粉大さじ1杯くらい
  • ぬるま湯 大さじ1〜2杯くらい

容器にこれらの材料を合わせて混ぜ合わせます。ヨーグルトパックと同様に小麦粉は粘度の調節になるので、お好みに合わせて量を調節しましょう。
ちなみに多めに入れるとさっぱりとした仕上がりで、米ぬか多めだとしっとりとした仕上がりになります。

 

素肌に少しづつ米ぬかを馴染ませます。伸び自体は良いわけではないので、少しづつ優しく広げていきます。
顔全体に広がったたら5〜10分くらいを目安に洗い流します。

 

パックの頻度は週に1〜2度くらいがおすすめです。
米ぬかは洗顔アイテムとしても人気ですよね。肌質を選ばない所もおすすめの理由でもあり、肌を整えながらしっとりとした肌に仕上げてくれます。

 

オイルパックの効果と手順

植物オイルを使ったオイルパックは乾燥したお肌のスペシャルケアとして人気です。
栄養価も高く保湿もできるということで美肌パックとしては定番ではないでしょうか?

 

おすすめはオリーブオイルやホホバオイル、他にもココナッツオイルやアルガンオイルなどエステでも使用されるオイルもあります。
また、ローズなどの精油を使ったオイルもアロマ効果と共に保湿や大人ニキビのケアにもおすすめされるオイルも多いです。

 

オイルパックの美肌効果として期待できるのが、保湿や肌のザラつきのケアに加えて毛穴汚れ、角栓ケアなどにも役立ちます。

 

オイルパックの手順

用意するものは

  • 植物オイル
  • 蒸しタオル
  • 拭き取り用のティッシュ

オリーブオイルなど食用のものを使用する時には精製度が高いオイルを使うことで不純物が少なくておすすめです。

  1. クレンジング・洗顔後の肌に摩擦がおきない量のオイルを手に取り、顔全体に馴染ませます。
  2. ザラつきを感じる箇所などは指の腹部分を使って優しく馴染ませることで、余分な皮脂や汚れを落としながら毛穴ケアも行えます。
  3. マッサージをする要領で肌の内側から外側に向かって馴染ませていきます。
  4. 全体に馴染んだら、蒸しタオルを顔に当てて2〜3分置きます。(ここがパックですね。)
  5. タオルを外した後に余分なオイルをティッシュでオフします。
  6. そして化粧水と乳液で潤いと保湿ケアを行って終了です。

オイルパックは乾燥が気になる時は2〜3日に1回くらい行うと肌の保湿を高めてしっとりとさせてくれるので、乾燥が気になる季節にもおすすめです。

 

泡パックの効果と手順

洗顔料や洗顔方法は多種にわたりますが、特に毛穴の黒ずみ等が気になる方には泡パックがおすすめです。
スキンケアのステップの1つとして、落とすケアはとても重要です。簡単に取り入れられる、泡パックの正しいやり方と、使う洗顔料の選び方を紹介します。

 

泡パックの手順

まず、使用する洗顔料は、比較的肌に刺激の少ない固形石鹸が最適です。泡パック専用と表記されている物は、より安心して使用できます。
洗顔後に肌が突っ張りやすい方は、保湿成分や美容成分が配合されている物を選びましょう。また、Tゾーンのテカりや毛穴が特に気になる場合は、パウダータイプの酵素入り洗顔料を週1度取り入れてみるのもおすすめです。

 

続いて、正しいやり方ですが、必ず泡立てネットを用意して下さい。きめ細かく弾力のある泡をたっぷり作る事が重要です。

  1. ネットは、1度濡らしてから水気を切り、石鹸を挟んで泡立てます。
  2. 十分に泡立てた後、その泡をネットから取り、両手に分けて顔全体に優しく広げていきます。この時、手でこすったりしないように注意しましょう。
  3. 泡が全体にいき渡ったら、そのまま30秒〜1分ほど置いて、水かぬるま湯で丁寧に洗い流します。

 

このように、とてもシンプルな方法ですが、泡パックを行うだけで、特に毛穴が目立たなくなり、透明感のある肌を手に入れる事ができます。

 

炭酸パックの効果と手順

炭酸は、水中に炭酸ガスを溶かし込んだもので、分子が小さく肌へ浸透しやすい炭酸は、皮膚の毛細血管にまで到達します。血管中の二酸化炭素濃度が上がると、体は酸素を取りいれようと毛細血管を拡張するので、血行が良くなります。血流が良くなると、肌には健康と美容に役立つ様々な作用が得られます。

 

血液の流れに乗った酸素や栄養は、肌の細胞の隅々にまで届けられ、肌の新陳代謝が活発になります。
ターンオーバーが促されると、同時に老廃物も排出されやすくなり、シワやたるみ、くすみや乾燥などといった肌トラブルを防ぐための肌作りに役立つ美容法として注目されています。

 

炭酸パックの手順

用意するものは

  • 炭酸水
  • コットン
  • もしくは炭酸パック用シート

炭酸水とコットンを使用して行う場合は、洗顔後の肌に化粧水を付けた後にコットンに炭酸水を染み込ませておでこ・ほほ・鼻・あご部分をカバーするように肌全体にコットンを乗せていくだけです。
時間は3分〜5分くらいで乾燥しないように注意しながら行います。

 

炭酸が溶け込んだパック用シートは、シート状の他にジェル状などの形状のものをドラッグストアやコスメショップで購入することが可能です。
コットンに炭酸水を使用するよりも保湿にも配慮されているので、じっくりとパックを行えるのでスキンケアという面ではやはり市販のパックの方が違いを感じやすくなります。

 

市販の炭酸パックの選び方

炭酸パックの選び方は、含まれている成分と値段、炭酸の濃度が重要になります。炭酸は高濃度なほど高い効果が期待できるので、なるべく濃度が高い製品を選ぶ方が効率的です。

 

しかし、炭酸パックは通常の美容液パックと比べて、全体的に値段が高い傾向にあるので、日常的に使う場合はコストパフォーマンスに優れる製品を選ぶと、継続して使いやすくなります。

 

牛乳パックの効果と手順

牛乳に含まれる栄養と共に肌の保湿ケアを行えるのが特徴で、他にも角質ケアにもおすすめされています。ビタミンやミネラルも含んでいることから美肌作りのパックとして身近なアイテムでできることもあり人気です。

 

牛乳パックの手順

用意するものは

  • 牛乳
  • 小麦粉

基本的には牛乳とコットンを使って化粧水パックのように使用することもOKです。手軽さでいうならこの方法がおすすめですね。
ただしよりたっぷりの牛乳を肌に乗せてパックしたい時には牛乳と小麦粉やベビーパウダーを1対1の割合いで混ぜ合わせて粘度を高めて顔に塗っていきます。

 

お好みでレモン果汁を追加する場合もあります。
顔に塗ってから5分くらい経ったらぬるま湯で洗い流して化粧水・乳液で保湿を行って終了です。

 

ワセリンパックの効果と手順

ワセリンは保湿剤として用いられることが多い成分です。油分によるお肌の保湿を行う働きが高いため、化粧品などの基材成分としても使用されることもあります。
ワセリンを使ったフェイスパックは毛穴の汚れや詰まり対策、そして肌のザラつきなどのケアに役立つとして注目され、知られるようになりました。

 

ワセリンパックの手順

用意するものは

  • ワセリン
  • 化粧水
  • コットン
  • 蒸しタオル

洗顔後の肌で少し濡れているくらいの状態にワセリンを顔全体に伸ばしていきます。
5〜10分くらい経ったら温かいタオルで拭き取り、コットンに化粧水を染み込ませて細かい箇所を優しく拭き取りながら保湿ケアを行います。
入浴時に湯船につかりながら行うことで、蒸気で毛穴も緩み汚れも落としやすくなります。

 

ワセリンは油分ですので、水では落としにくいため、温かいタオルと化粧水などで優しく拭き取るようにしましょう。

 

他にもオロナインを使用した毛穴ケアのためのパックもありますが、これらはやりすぎると逆に毛穴が開きっぱなしになって黒ずみが悪化してしまう場合もあるので、やりすぎは禁物です。

 

水素パックの効果と手順

健康に役立つといわれる水素水。老化現象の原因とされる増えすぎた活性酸素を水素がなかったことにしてくれるというのです。飲むだけとその使用法も簡単な水素水ですが、実は水素パックとして使用することで、高い美容効果も得られると言います。

 

水素パックの手順

用意するものは

  • 水素水
  • コットンやシートマスク

まずは水素水です。ドラッグストアやネットでも購入可能です。そしてシートマスクやコットンを用意します。
コットンを使用する場合には精製水があるとよりお肌への馴染みが良くなります。

 

もともと化粧水が含まれているシートマスクが手軽で楽だと思います。

 

これだけあれば水素パックは完成できます。

 

シートマスクかコットンに水素水をたっぷり含ませる(精製水を使用する時は水素水の前に使用します)
顔にのせて5〜10分放置します。
パックを終えたら、化粧水と保湿効果のある乳液などで肌に入った水素水をしっかり閉じ込めてあげれば完了です。

 

水素水を含ませる際に美容液もプラスするアレンジもより美容成分や保湿成分によってお肌に潤いを届けることができます。

 

自宅で美肌パックをする時の注意点

簡単に身近なアイテムで出来る美肌パックですが、いくつか注意しておきたい点があります。

  1. メイクを落として洗顔後に行う
  2. パックができない箇所(目元など)の乾燥に注意する
  3. パック前に化粧水を付けてお肌に水分を与えておく
  4. パックの時間は長くしすぎない
  5. パック後は化粧水と乳液で肌を整えて保湿をする
  6. 使用する材料は事前にパッチテストをする

中でもパックの時間を長くもっとたっぷり含ませたいと長時間放置される方が多いですが、長時間放置すると肌の潤い成分などが浸透するどころか、肌内部の水分まで蒸発してしまいますので、パックは10分程度にとどめておきましょう。

 

また、目元などパックが行きとどかない場所は乾燥しやすいので事前に化粧水と保湿クリームなどで乾燥を防ぐことが大切です。

 

美肌パックはうまく活用すれば低コストでお肌の調子が良くなるおすすめな美容法です。
正しいやり方とアイテムを使って週末のスペシャルケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

手軽に集中潤いケア!おすすめシートマスク「輝肌マスク」

 

輝肌マスク

関連ページ

化粧水パック・おすすめシートマスク情報
化粧水を使ったパックの魅力ややり方のご紹介と合わせて簡単に化粧水パックができるおすすめシートマスクをご紹介しています。
乾燥小じわ・気になる目元・口元のしわ対策
年齢と共に乾燥などが原因で表れる小じわは老けて見られる原因の一つでとても気になりますよね。こちらでは乾燥小じわケアや目立ちやすい目元・口元のしわ対策のポイントをご紹介しています。
クマ予防のための化粧水選び
目元の気になるクマを予防するための化粧水選び方と化粧水や基礎化粧品によるケアが効果的なクマの種類をケアのポイントと共にご紹介しています。
肌荒れしている方向けの化粧水選び
季節や体調によって肌荒れを起こしている時にも使いやすい化粧水の選び方とおすすめのスキンケア情報をご紹介しています。
おすすめの美容オイル特集
日々の乾燥対策にも役立つおすすめ美容オイル情報をご紹介しています。プロの美容家も絶賛する注目の美容オイルで肌の潤いを守りましょう。
アロエベラジェルの美肌効果と使い方
植物由来エキスの保湿成分としても有名なアロエベラから作られたアロエベラジェルの美肌効果と使い方をお伝えしています。
美肌作りに役立つキャリアオイルの魅力
精油を希釈するための植物油であるキャリアオイルの美肌作りに役立つ魅力や効果を特徴や一般的に知られる種類を交えてご紹介しています。
顔の乾燥の原因と対策法
顔の粉吹きや乾燥しやすいまぶた・口元など顔の乾燥を招く原因と対策方法に関する情報をご紹介しています。
ほうれい線の原因と対策のための化粧水選び
年齢を重ねて目立ち始める口元のシワ、ほうれい線の原因と対策について解説しています。年齢肌サインのほうれい線をケアするための化粧水選びのポイントもご紹介しています。
冷感スキンケアの効果と使い方・化粧品の種類
夏の肌をサッパリとクールダウンしてくれる冷感スキンケアの肌への効果や使い方、化粧品の種類について解説しています。
コエンザイムQ10の効果とスキンケアへの取り入れ方
アンチエイジングの分野で注目されているコエンザイムQ10の美肌作りや健康的な体作りに役立つ効果について解説しています。合わせてスキンケアへの取り入れ方もご紹介しています。
スチームクリームとは?魅力と美肌効果、使い方
可愛いデザインの缶が特徴的なスチームクリームの魅力、スキンケアに役立つ効果と使い方をお伝えしています。
美肌を作るのに欠かせないビタミンB1が多い食品
健康的な肌を作るのに欠かせないビタミンB群のひとつビタミンB1が多く含まれている食品をご紹介します。
ハトムギ化粧水の魅力と美肌効果とは?
気軽に購入しやすいのにスキンケア効果が高いと評判のハトムギ化粧水の魅力と美肌作りに役立つ効果について解説しています。
韓国の美肌美人を支える韓国コスメの魅力とは?
美容大国とも言われる韓国の女性は美肌美人が多いですよね。これは単に美容整形だけでなく、彼女たちが使用する韓国コスメもポイントとなっています。そんな韓国コスメの魅力についてお伝えします。
秋枯れ肌とは?肌のトラブルの種類と対策方法
夏が終わって肌もストレスやダメージが蓄積しています。そんな肌への負担は様々な肌トラブルとなって表れやすくなります。こちらでは秋枯れ肌の特徴と対策方法をご紹介しています。
収れん化粧水の選び方
ひんやりとしたつけ心地で毛穴の引き締めにも役立つと言われている収れん化粧水選びで失敗しないための選び方について解説しています。
無印良品の化粧水が人気の理由は?
プチプラコスメの中でも人気が高い無印良品の化粧水が人気の理由について特徴や使い心地、成分を交えて解説しています。
はちみつ洗顔・パックで滑らかな素肌作り!
はちみつを使った洗顔・パックなどのスキンケア情報をご紹介します。はちみつの美肌作りに役立つ成分と共にはちみつ洗顔のやり方をチェックしましょう。
精製水でスキンケアをより自分好みに!
化粧水のベースにもなる精製水は自分好みのスキンケアに大活躍してくれます。スキンケアへの取り入れ方とその効果をご紹介します。