自然の保湿力で美肌作りができるアロエベラジェルの効果と使い方

アロエベラジェルは透明で肌につけるとスッと馴染むのが特徴のアロエベラから作られたジェルです。
最近では美肌作りにも良いということでスキンケアアイテムとしても注目されていますが、その魅力や使い方をこちらでご紹介したいと思います。

 

 

アロエベラジェルとは?

アロエベラはユリ科アロエ属の植物で、葉の中にはゼリー状でヌルヌルとした半透明の果肉が詰まっています。
日本人にとって身近なアロエはキダチアロエという品種で、見た目にも違いがあります。

 

アロエベラはキダチアロエよりも苦みが少ないことからジュースなどにも使われることが多い品種です。

 

アロエベラジェルは含有量の違いはあるもののアロエベラの果肉を使用しているのが特徴です。

 

アロエベラジェルの効果

アロエベラジェルはジェルに含まれるアロエエキスによる保湿効果と肌の炎症を抑える作用もあり、夏場の日焼けをした肌を優しく保湿してケアするのにも役立ちます。
さらにアロエに含まれる成分による血行を促す働きや肌を整える働きによって健康的な肌を保つのにも役立ちます。

 

肌にも刺激が少ないため、アトピー肌の方の保湿剤として使用されるなど、肌にも優しいというのが特徴です。

 

アロエベラの成分

アロエベラに含まれる成分にはアロイン・アロミチン・アロエチン・アルボラン・ビタミンB群・ビタミンC・ミネラル・アミノ酸などが含まれています。
アロエベラ特有の成分に加えて、ビタミンB群やビタミンC、ミネラル、アミノ酸といったお肌にとっても良いとされる栄養をたっぷりと含んでいます。
また、アロインには肌の新陳代謝を促す働きもあるとされており、美肌作りに役立つと言われています。

 

アロエベラジェルの選び方

アロエベラジェルを選ぶ時にチェックしたいのが、

  1. アロエベラの品質
  2. アロエ成分の含有量が15%以上でできるだけ高含有であること

この二つを基本に選ぶのがおすすめです。
アロエと謳っていても実は少ない量のジェルな場合もあるので、品質と含有量が豊富なアロエベラジェルを選ぶことで違いを感じやすくなります。

 

おすすめのアロエベラジェル

ネイチャーリパブリックアロエベラ92%スージングジェル

ネイチャーリパブリックアロエベラ92%スージングジェル

美容大国の韓国の人気コスメ「ネイチャーリパブリック」のアロエベラジェルです。
アロエベラ成分は92%配合されており、高含有です。顔だけでなく体や髪などの保湿にも使えます。

 

ネイチャーリパブリックアロエベラ92%スージングジェルの成分

整肌成分のアロエベラエキス、保水成分のグリセリン、保湿成分のヒアルロン酸という、しっとりと美しい肌に導いてくれる美容成分が含まれいます。

 

ネイチャーリパブリックアロエベラ92%スージングジェルの特徴

プルンとした触感で肌にすっと馴染み、潤っているのにべたつかない、みずみずしい肌へと整えてくれるのが特徴です。これ一つで、フェイシャルとボディ、両方のスキンケアができるのも魅力です。

 

特におすすめなのは乾燥肌の人で、洗顔後の肌に塗布するほか、コットンにたっぷりしみこませてパックとして使用すると、モチモチの肌が実現できます。また、水分と油分のバランスを整えてくれるので、日焼けをして、紫外線を受けたダメージ肌にもおすすめです。

 

有機農業認証機関CCOFから認証を受けたオーガニックのアロエから作られた安心できるジェルです。

 

価格的にもプチプラで購入できるので、初めてのアロエベラジェルとしても使いやすいです。
クリームやオイルなどに混ぜて使うアレンジもしやすいので、通常の保湿だけでなく、用途に合わせて使えるのもリーズナブルな価格ならではの使い方と言えます。

 

価格情報

608円※販売店によって違いがある場合があります。

内容量

300g

 

ネイチャーリパブリックアロエベラ92%スージングジェル

 

アロエベラジェルの基本的な使い方

スキンケア

基礎化粧品と同じように保湿ケアアイテムとして使えます。化粧水のかわりに使用する方も居ます。
また、アロエベラジェルをたっぷりと厚めに塗ったパックもおすすめで、美容オイルなどを数滴混ぜブレンドしたもので集中ケアをするという使い方もあります。

 

ボディケア

体の保湿ケアやムダ毛処理をした肌のケアをするのにおすすめです。
また、手荒れが気になる時の保湿ジェルとしての使い方もポピュラーではないでしょうか。

 

ヘアケア

キューティクルが痛んだ髪の保湿ケアにおすすめで、ドライヤーから髪を守るのにも役立ちます。
また頭皮の保湿にも使えるので、お風呂上りに髪や頭皮に適量馴染ませておくのがおすすめです。

 

アロエベラジェルの魅力として他の化粧品と混ぜてアレンジして自分だけの基礎化粧品を作ることができる点です。
例えば、アロエベラジェルを基材としてキャリアオイルを数滴混ぜるだけで保湿力の高い美容オイルになりますし、そこにフローラルウォーターなどをプラスすることで、自分だけの美容液を作ることもできます。

 

 

アロエベラジェルはこのように一つで様々なアレンジや使い方ができる多様性も人気の理由です。
シンプルに保湿剤として使ってもよし、自分だけのスキンケア・ボディケアアイテムとして使っても良し、オリジナルコスメとして手作りもできるということで女性の心をくすぐってくれるアイテムだと思います。

 

アロエベラジェルは身近なお店でも販売されていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。


関連ページ

化粧水パック・おすすめシートマスク情報
化粧水を使ったパックの魅力ややり方のご紹介と合わせて簡単に化粧水パックができるおすすめシートマスクをご紹介しています。
人気の美肌パックをご紹介
美肌作りのスキンケアをサポートしてくれるおすすめのパック情報をやり方や美肌効果を交えてご紹介しています。
乾燥小じわ・気になる目元・口元のしわ対策
年齢と共に乾燥などが原因で表れる小じわは老けて見られる原因の一つでとても気になりますよね。こちらでは乾燥小じわケアや目立ちやすい目元・口元のしわ対策のポイントをご紹介しています。
クマ予防のための化粧水選び
目元の気になるクマを予防するための化粧水選び方と化粧水や基礎化粧品によるケアが効果的なクマの種類をケアのポイントと共にご紹介しています。
肌荒れしている方向けの化粧水選び
季節や体調によって肌荒れを起こしている時にも使いやすい化粧水の選び方とおすすめのスキンケア情報をご紹介しています。
おすすめの美容オイル特集
日々の乾燥対策にも役立つおすすめ美容オイル情報をご紹介しています。プロの美容家も絶賛する注目の美容オイルで肌の潤いを守りましょう。
美肌作りに役立つキャリアオイルの魅力
精油を希釈するための植物油であるキャリアオイルの美肌作りに役立つ魅力や効果を特徴や一般的に知られる種類を交えてご紹介しています。
顔の乾燥の原因と対策法
顔の粉吹きや乾燥しやすいまぶた・口元など顔の乾燥を招く原因と対策方法に関する情報をご紹介しています。
ほうれい線の原因と対策のための化粧水選び
年齢を重ねて目立ち始める口元のシワ、ほうれい線の原因と対策について解説しています。年齢肌サインのほうれい線をケアするための化粧水選びのポイントもご紹介しています。
冷感スキンケアの効果と使い方・化粧品の種類
夏の肌をサッパリとクールダウンしてくれる冷感スキンケアの肌への効果や使い方、化粧品の種類について解説しています。
コエンザイムQ10の効果とスキンケアへの取り入れ方
アンチエイジングの分野で注目されているコエンザイムQ10の美肌作りや健康的な体作りに役立つ効果について解説しています。合わせてスキンケアへの取り入れ方もご紹介しています。
スチームクリームとは?魅力と美肌効果、使い方
可愛いデザインの缶が特徴的なスチームクリームの魅力、スキンケアに役立つ効果と使い方をお伝えしています。
美肌を作るのに欠かせないビタミンB1が多い食品
健康的な肌を作るのに欠かせないビタミンB群のひとつビタミンB1が多く含まれている食品をご紹介します。
ハトムギ化粧水の魅力と美肌効果とは?
気軽に購入しやすいのにスキンケア効果が高いと評判のハトムギ化粧水の魅力と美肌作りに役立つ効果について解説しています。
韓国の美肌美人を支える韓国コスメの魅力とは?
美容大国とも言われる韓国の女性は美肌美人が多いですよね。これは単に美容整形だけでなく、彼女たちが使用する韓国コスメもポイントとなっています。そんな韓国コスメの魅力についてお伝えします。
秋枯れ肌とは?肌のトラブルの種類と対策方法
夏が終わって肌もストレスやダメージが蓄積しています。そんな肌への負担は様々な肌トラブルとなって表れやすくなります。こちらでは秋枯れ肌の特徴と対策方法をご紹介しています。
収れん化粧水の選び方
ひんやりとしたつけ心地で毛穴の引き締めにも役立つと言われている収れん化粧水選びで失敗しないための選び方について解説しています。
無印良品の化粧水が人気の理由は?
プチプラコスメの中でも人気が高い無印良品の化粧水が人気の理由について特徴や使い心地、成分を交えて解説しています。
はちみつ洗顔・パックで滑らかな素肌作り!
はちみつを使った洗顔・パックなどのスキンケア情報をご紹介します。はちみつの美肌作りに役立つ成分と共にはちみつ洗顔のやり方をチェックしましょう。
精製水でスキンケアをより自分好みに!
化粧水のベースにもなる精製水は自分好みのスキンケアに大活躍してくれます。スキンケアへの取り入れ方とその効果をご紹介します。